福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■よくある問合せへのQ&A(その1:支援対象)

よくあるご質問に答えます。

1.本プロジェクトの支援対象は、「乳幼児・妊産婦」の「家庭」です。
避難や疎開の場合、子どもさんだけの対応をしている団体もありますが、本プロジェクトはご家族ごとの対応をしていますので、ご安心ください。

2.また、「乳幼児」は、乳児「0~1歳」、幼児「1歳~就学前」を指します。
これは、幼ければ幼いほど、放射線の影響が大きいと言われているためと、本プロジェクトの規模としてすべての年齢層に対応することは難しいと考えられるからです。

3.ただし、それ以上のお子さんをお持ちのご家族でも、緊急にニーズへの対応が必要なご家庭があると思います。それについては、ケースバイケースで対応させていただきますので、まずはご連絡ください。

4.また、支援の対象は、「福島原発事故により不安を感じる乳幼児・妊産婦家庭」です。20キロ圏内、30キロ圏内、計画避難地域などに限らず支援していますので、ご安心ください。

まずは、ご一報ください。
(fukushimaneeds<@>gmail.com)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。