福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■赤い羽根「中央共同募金会」の災害ボランティアNPO活動助成が決定

本日、中央共同募金会の赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」第一次助成プロジェクトに選ばれた旨、連絡がありました。安堵しました。http://www.akaihane.or.jp

 これで、もう少しスムーズに活動を進めるためのプロジェクトマネージャーを雇い、まだ十分なニーズ調査やニーズ対応体制が取れていない福島県内や新潟県内での活動を開始することができます。
 活動資金が確保できたというだけでなく、正式には4月に発足したばかりの当団体の活動が、社会に認められる活動となったことが嬉しいです。福島のお母さん・子どもたちを支援する輪が、広がりつつあります。今後も、お母さんやお子さんたちの悩みに寄り添っていける活動を目指していきたいと思います。

 ひとまず、皆さんにご報告いたします。

スポンサーサイト

PageTop

■新潟県内での活動開始準備中

今週末(6月4日)、新潟県内での活動を開始すべく、新潟で準備を行ってきました。
いよいよ、福島から最も多い数のお母さんたちが避難中の新潟での活動が開始します。
最初の2週間は、地元大学や地方行政機関、市民団体と調整を行い、本格的なニーズ調査を月の後半から
実施します。

もし、このブログを見てらっしゃる新潟に避難中のお母さんがいらしたら、是非ご一報ください。
まずは、お話をお伺いできればと考えています。

また、新潟でお母さんたちのサポートを既にしてらっしゃる団体の方がいらしたらご連絡ください。
一緒に協力ができればと思います。


代表 舩田クラーセンさやか
fukushimaneeds<@>gmail.com

PageTop

■国際開発学会、日本平和学会で活動紹介

今週末(6月4日~5日)は、活動の理解者と協力者を増やすため、以下の二つの学会で発表を行ってきました。

■国際開発学会(東京)担当:阪本公美子(支援プロジェクト事務局長、ニーズ対応プロジェクト副代表)
■日本平和学会(新潟)担当:舩田クラーセンさやか(ニーズ対応プロジェクト代表)

各学会並びに各大会事務局の皆さんには大変お世話になりました。
おかげさまで、ほとんどのチラシがなくなり、協力や連携のお申し出もいくつかありました。
先生方、ありがとうございます!

各地の避難所の閉鎖が今月末あるいは来月末に迫っています。
まだニーズを抱えているものの、サポートが届いていないお母さんやお子さんたちに、共感とサポートを
届けるべく、どうぞ引き続きご協力くださいませ。

PageTop

■ご寄付の1カ月報告&活動の現状と今後の見通し

当プロジェクトとして寄付を呼び掛けてもうすぐ1か月になりますので、現状をご報告い
たします。

1.ゆうちょ銀行 振替口座への入金 14名 308,000円
2.ゆうちょ銀行 総合口座への入金 5名 223,000円
3.現金 2名 11,000円

以上、21名の方より、542,000円のご寄付を頂いております。
これは、募金の目標額100万円の半分を超えるところまできています。
ご理解とご協力、誠にありがとうございます。

貴重なご寄付については、先日助成が決定した赤い羽根共同募金会からの災害ボランテ
ィア助成等では使うことができない経費について、使わせていただきます。

また、現在サポート中の家庭は40家族に近づいており、本業を抱える設立メンバーの
キャパシティも超えてきつつあるので、パートタイムではありませうがプロジェクト
マネージャーを雇用したいと考えています。プロジェクトをよりスピーディに円滑に
進めることで、まだまだ当プロジェクトの手が届いていないお母さんやお子さんに
サポートを届けたいと切に願っています。

また、先日ご報告したとおり、福島からの最大の避難者の皆さんがいらっしゃる新
潟県内での活動を開始しております。さっそく、新潟県内に避難中のお母さんより、
お問い合わせをいただいております。

拠点の栃木県、東京都よりかなり離れていますので、新潟市で、スタッフをパート
タイムで雇用し、より迅速で丁寧な活動を心掛けたいと考えております。

息の長いサポートをより多くのお母さん・お子さんたちに届けるため、引き続きど
うぞご協力ください。

ご寄付の方法は以下の過去の投稿をご覧ください。念のため銀行口座を再度掲載
いたします。
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-22.html

■郵貯の銀行口座(コンビニなどのATMからも振込み可能)
10050-78784561
フクシマニュウヨウジニンサンプタイオウ
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
*別途メールにてご連絡いただけると幸いです。
■郵便振替口座(郵便局にて紙で入金するタイプ)
00100-2-663428
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
*ご住所、お名前、メッセージなどお書き添えください。

以上、ご協力の御礼と現状と今後の見通しの報告でした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
代表 舩田クラーセンさやか

PageTop

■茨城県内でも活動拠点準備中

先週末の各学術大会でのポスター発表などを通じて、本プロジェクトへの賛同と協力の輪が
広がっています。新潟県内での活動拠点に加え、茨城県内でも活動拠点を設置すべく、準備
を開始しているところです。詳細が決定しましたら、また発表いたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。