福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【首都圏参加者募集】5/26つながるトートワークショップ

5月のとうきょうワクワクえんそくです!
今回は、ママプラグ企画の《つながるトート》ワークショップを開催します。 
キャンパス生地にクレヨンで色付けしましょう。
かわいい下絵があり、どなたにも楽しい作業です。
その後トートバッグに仕立てられ、完成品は販売されます。
 詳細⇒http://www.facebook.com/tunagaru

日程:2012年5月26日(土)9:15~13:00(予定)
集合:9:15 子どもの城 正面入口 ボランティアにお子さんをお預けください。
      その後お母様方は、東京ウィメンズプラザへ移動
解散:13:00(予定)東京ウィメンズプラザにて交通費精算後解散

■キッズ こどもの城で元気いっぱいあそぼう
3歳以上は、ボランティアスタッフ対応
0~2歳は保育士が担当しますので、必ず事前予約が必要です

■おとな 東京ウィメンズプラザ 1階テーブル席
9:45~12:45
 <つながるトート>ワークショップ
 生成りのオーガニックコットンにカラフルな花のデザインが、とても人気です。
   
12:45 子どもと合流
13:00 解散(予定)
※臨床心理士、精神保健福祉士によるカウンセリング相談があります。

■申込み 首都圏コーディネーター堀まで
 メール:fukushima.sytoken@gmail.com
 電話:090-3923-8535
 〆切は、5月16日(水)18:00(定員になり次第〆切)

スポンサーサイト

PageTop

■東京ステイ第3回募集中(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

=======================

福島の親子・子ども・若者2012東京スティ第3回募集中!!

NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト
プチ保養2012年5~6月連休・週末・平日プラン

気分転換にいかがですか。週末や連休を利用して東京の田舎に遊びにきてね~(^O^)
ここを拠点に遊びにでかけるなど、どうでしょうか。
滞在中は自由に過ごしてね。ご希望であれば案内もしますよ!!

6月以降夏休み等を含め保養を予定したい方の予約もできますのでお気軽にお問い合わせください。

★スティ先(清瀬市と東村山市の個人宅)と募集期間人数など
 1.大滝良子宅(清瀬市元町2丁目)
  期 間 2012年5~6月の週末・連休・平日
  募 集 中高生~学生女子1~2名 (一部屋)
  宿泊費(朝夕食事付)無料
  都心からスティ先までのおよその時間
     池袋駅より西武池袋線に乗り25分清瀬駅下車徒歩10分
  ※うるさい犬がいるけど手を出さなければ噛みません。風呂釜が壊れていてシャワーのみでごめんね。

 2.萩原春代宅(東村山市多摩湖町3丁目)
  期 間 2012年5~6月の週末・連休・平日
  募 集 親子1~2組4~6名(一軒家)
  宿泊費 無料。自炊(ガス)をお願いします
  都心からスティ先までのおよその時間
    高田馬場駅より西武新宿線に乗り35~40分東村山駅乗り換え多摩湖線終点西武園駅下車徒歩10分
  ※すぐ近くに西武遊園地、西武球場、トトロの森があります。スーパー有。ガス水道電気風呂布団完備。
駐車スペース有り

★自己負担 清瀬までの交通費・食費
★その他諸々
  ○都内の駅、バスターミナルに御迎えに行きます。車の場合は関越道所沢インターが便利です
  ○滞在中の過ごし方は自由。ご希望の場合は案内します!!
  ○延泊・平日ご希望の場合等遠慮なくご相談下さい。

申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ! 連絡お待ちしています。
NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト(長谷川)
〒204-0022東京都清瀬市松山2-19-6
TEL.042-493-7970 FAX.042-493-8090 (お願い!! 電話は10回以上鳴らして下さい)
Eメール kiyosekodomonet<@>yahoo.co.jp  <>を取ってメールを送ってください
 

PageTop

■民間住宅借り上げ制度の延長について(山形県)

山形県で実施中の民間賃貸住宅借り上げ制度について、当初、入居から2年間としていましたが、
1年ごとに更新の手続きをすれば、最長3年間の入居が認められるということです。

また、新規受付についても、当分の間は延長するということです
(山形市、米沢市、南陽市、高畠町では、物件が少なくなってきたので、新規受付を終了しています)。

詳しいことは、山形県の復興支援室 (Tel 023-625-1605または1608)にお問い合わせください。

山形県のHP
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kankyoenergy/020072/fukkou/kariage-jyutaku.html

PageTop

■チェルノブイリ法の立役者 アレクサンドル・ヴェリキン氏来日東京講演会

国際環境NGO FoE Japanでは、チェルノブイリ法の制定の立役者であった、チェルノブイリ同盟のアレクサンドル・ヴェリキン氏を招き、下記講演会を開催します。

【東京・綾瀬講演会】
5 月 20 日(日) 14:00~16:30 参加費: 700 円
足立区勤労福祉会館第1ホール (綾瀬駅西口綾瀬プルミエ内)

【院内集会】 ※綾瀬での講演会のダイジェスト版になります
5月17日(木)17:00~18:30  参加費:  700  円
衆議院第二議員会館 多目的会議室(最寄駅:東京メトロ永田町、国会議事堂前)

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)と共同主催。

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクトも協力団体として参加します。

◆問い合わせ先:
国際環境NGO FoE Japan 担当:渡辺 
Tel: 03-6907-7217(平日10:00~20:00) Fax: 03-6907-7219 090-6142-1807(満田)

詳細は、下記の画像をクリックして、リンクからご確認ください。


放射能とどう向き合うか ~被ばく回避の戦略とは~

PageTop

■応急仮設住宅の居住期間の延長

4月17日付で、厚生労働省より、

「応急仮設住宅の居住期間については、原則2年間とされており、その
後は1年ごとに延長できる制度になっています。今回、恒久住宅の整備
には、なお時間を要する状況にあるため、この居住期間を1年間延長す
ることにします。」

という発表がありました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000028bmx.html

この通達を受けて、山形県では、民間賃貸住宅借上げ制度による居住期
間を一年延長する旨、発表がありました。

http://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2012/04/27194906/

他の自治体についても、延長についての情報が入り次第、ブログに掲載
していきますが、各自で避難中の自治体に問合わせてください。

また、問合わせについて協力が必要な場合は、下記までご連絡ください。

fukushimaneeds.jutaku<@>gmail.com
(メール送信の際には、<>を取って、使ってください)

PageTop

■クボタeプロジェクト 地球小屋(TERRA-KOYA)(保養情報)

保養のお知らせです。お問い合わせ・お申込みは直接下記までお願いします。

==========================

2007年より毎年開催している小学生向けサマーキャンプ型環境授業、クボタeプロジェク
ト『地球小屋(TERRA-KOYA)』。昨年に引き続き、本年も、東日本大震災を受けた被災地
支援の一環として、福島県の小学生4~6年生をご招待する特別編を開催します。
3泊4日の体験型プログラムを通して、子どもたちにあらためて自然のめぐみに触れて、
地球環境の大切さを感じていただくとともに、困難を乗り越えて、未来に向かうチカラを
育む機会となることを目指します。ぜひ、ご応募ください。

タイトルクボタeプロジェクト『地球小屋2012』 powered by BeGood Cafe
テーマはじめよう。地球にいいこと。あなたにいいこと。
実施期間2012年7月24日(火)~7月27日(金)/3泊4日 ※雨天決行
宿泊施設月の沢温泉 北月山荘 [〒999-6609 山形県東田川郡庄内町立谷沢西山1-67]
実施場所上記宿泊施設、近隣農園 他
参加費無料(ご招待) ※集合~解散までの交通費・食費・宿泊費・保険料を含みます
実施形態夏季林間学校(合宿スタイル)の活動
主催NPO法人BeGood Cafe
特別協賛株式会社クボタ

[集合解散(予定)]
7月24日(火)08:30 JR福島駅 集合
7月27日(金)18:00 JR福島駅 解散

[主なプログラム]
お米の教室、田んぼ体験、エコランチクッキング、自然の循環教室、森の探検、
川を遊ぶ教室 他(プログラム内容は変更となる場合がございます)

[特別編の参加対象]
福島県にお住まいのお子様で下記条件を満たす方
1)小学校4年生~6年生(男子10名、女子10名)
2)上記日時にJR福島駅に集合できること※
3)過去の「地球小屋」にご参加されたことがない方
※本プログラムはお子様のみの参加となりますが、集合解散時には
保護責任者の方が引率とお出迎えをお願いします。

[定員]
20名(男子10名、女子10名)

[申込方法]
以下のいずれかの方法にてお申し込みください。
応募者多数の際は抽選の上、結果を6月8日(金)までにご連絡します。
申込締切:5月31日(木) 必着
A)別添えの申込用紙に内容をご記入の上、FAXまたはご郵送ください。
B)別添えの申込用紙の質問項目をe-mailに複写してご記入し、メールを送付ください。

[問合せ・申込先]
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂1-15-10 R三軒茶屋2F Smile Studio
NPO法人BeGood Cafe クボタeプロジェクト『地球小屋 2012』係
TEL:03-6413-8801、FAX:03-6368-6410 (平日10:00~18:00のみ)
E-mail:terra-koya@begoodcafe.com 担当:筒井、坂本

[説明会について]
参加が決定したお子様の保護者を対象に、7月7日(土)福島市内で事前説明会
を開催する予定です。時間や会場は結果通知後にお知らせいたします。

[スタッフ体制について]
期間中現地にて、運営ディレクターが全体運営を管理する他、インタープリター(自然体験指導者)、生活面サポートスタッフ、救護スタッフが期間中のプログラム進行や子どもたちへのケアを行います。集合・解散場所から現地の移動時には3名以上のスタッフが同行予定です。

[個人情報保護について]
・参加者より取得した氏名、年齢、住所等の個人情報は主催者事務局で管理・保管し、クボタeプロジェクト地球小屋の運営・連絡以外の目的には使用いたしません
・本件の開催中に撮影した写真、ビデオなどをウェブサイトやパンフレットなどの活動報告のために使用する場合がございます(撮影は原則主催者が許可した者のみが行います)、その際氏名・住所は公開いたしません

主催:NPO法人ビーグッドカフェについて
1999年「持続可能な社会と平和」をテーマに設立。コミュニティカフェスタイルのイベントを始め、独自の視点で農・食・建築・教育など幅広い分野の情報を発信。幅広い層を対象にしたイベントやワークショップの企画運営を行う他、企業や行政との協同プロジェクトなども展開しています。ホームページ:http://begoodcafe.com/
主な実施プロジェクト:
・放置ミカン農園の維持再生を目指した農体験ワークショップ[オレンジプロジェクト/小田原市]
・循環型の畑を備えた情報発信型の自然食レストラン[愛地球博 ナチュラルフードカフェ]
・持続可能なコミュニティ・暮らし方を多角的に取り上げた国際会議[エコビレッジ国際会議]
・マンション住民向けのコミュニティワークショップ
・小学4~6年生を対象とした自然体験キャンプ[クボタ地球小屋]
・国内外4カ国の高校生を対象とした、グローバル環境リーダー育成キャンプ[東芝地球未来会議]

特別協賛:株式会社クボタについて
クボタは、「食料・水・環境」分野の世界的な課題解決に向けて、農業機械や水・環境システムなどのさまざまな事業を展開する機械メーカーです。
クボタグループでは、「食料・水・環境」に関わる社会貢献活動として「クボタeプロジェクト」を行っており、その一環として「クボタ地球小屋」に特別協賛しています。「クボタ地球小屋」が、地球の未来を担う子どもたちにとって、自然の恵みの尊さや地球環境の大切さを考える機会となることを願っています。
株式会社クボタホームページ
URL:http://www.kubota.co.jp/
過去の『地球小屋』レポート
URL:http://www.kubota.co.jp/epro/cooperation/terrakoya.html

クボタ地球小屋(TERRA-KOYA) とは
大自然を学ぶ小学生サマーキャンプ
2007年から毎年開催している3泊4日の小学生サマーキャンプ。今年は山形県庄内町で
美しい田園風景のもと、田んぼ体験や水の循環の学習など、自然の息吹と生命の力を体
感してもらいます。様々な発見や学びを通じて、子どもたちが自然に対して目と心を開
き、お互いを思いやる気持ちや、チャレンジする心を身につける機会となることを目指
しています。


クボタeプロジェクト『地球小屋2012』特別編 申込み用紙(記載内容)
以下のいずれかの方法にてお申し込みください。
申込締切:2012年 5月31日(木)必着
A)下記に直接内容をご記入の上、お子様の写真を貼付けて、FAXまたはご郵送ください
B)下記の質問項目をe-mailに複写してご記入し、お子様の写真データを添付の上、メールを送付ください。
1)お子様のお名前
 (ふりがな)、性別[ 男子 ・ 女子 ]
2)学校名/学年
3)保護者氏名
 (ふりがな)
4)現在のご住所

・被災時のご住所が上記と異なる方は市区町村まで教えてください
 (      )県(      )市区町村
5)電話番号
・携帯  (                           )
・固定  (                           )
・なし
6)e-mailアドレス
・携帯  (                           )
・パソコン(                           )
・なし
[個人情報保護について]
ご記入いただいた個人情報はクボタeプロジェクト地球小屋の運営・連絡以外の目的には使用いたしません。

<お子様の写真を添付ください>
・お子さまの雰囲気が分かるスナップ写真など
・サイズが合わない場合は裏面に貼付けてください
・emailでのご応募の場合は画像データを添付してください
 (携帯写真でも構いません)

PageTop

■10月1日より実施される18歳以下の福島県民の医療費無料化について

5月15日、新聞等のメディアにて(下記参照)、福島県が独自に実施する18歳以下の医療費無料化が 10月1日から実施される事が、県子育て支援推進本部会議で正式に決定されたとの発表がありました。


・河北新報社 『福島の18歳未満3万人が避難 流出抑制へ医療費無料化』 
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/05/20120515t61013.htm
・読売OnLine 『福島県、18歳以下の医療費無料化…10月から』 
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120514-OYT1T00627.htm


当団体は、福島県内外に在住する乳幼児世帯のニーズをサポートしており、記事では「東京電力福島第一原 発事故時には福島に居住していたものの、住民票をやむなく県外へ移さざるを得なかった避難家族への対応」が不明だったため、担当課(*)に確認作業を行いました。

その結果、福島県の担当者によると、「現時点では福島県内に住民票があることが条件となっており、住民票を福島県へ戻せば、戻したそ の日から利用可能になる」との答えでした。

それでは困る家族も多いため、県外へ住民票を移された避難家族への対応について当団体は引き続き各方面に働きかけを行っていきます。ご意見やご提案があれば、是非よろしくお願いいたします。

また、担当者からは「県外市町村に住民票を移されたお子さんも、移転先市町村にて「子ども医療費」を利用することが可能なので、住んでいる市役所・区役所に個別に問い合わせてみてください。」とのことでしたので、各自お問い合わせいただければ幸いです。

今後、更なる詳細な情報を得次第、再度情報掲載を行う予定です。


*「医療費無料化」に関する問い合わせ先:福島県庁『子育て支援課』

当団体本件担当:
黒川 亜矢子 (事務局コーディネーター)
携帯:090-1710-2067
メール:fukushimaneeds.hqs@gmail.com

PageTop

■三菱商事YMCA 第8回おやこリフレッシュキャンプ(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

===================

富士山の麓にある自然豊かな御殿場でおやこで楽しくキャンプをしませんか?
日常から離れ、心と体をリフレッシュしましょう!

【三菱商事YMCAフレンドシップ・キャンプ 第8回おやこリフレッシュキャンプ】
【日程】6月22日(金)~6月24日(日)2泊3日
*部分参加も歓迎します。
【場所】公益財団法人 日本YMCA同盟 国際青少年センター 東山荘
【集合解散場所】 日本YMCA同盟東山荘(静岡県御殿場市) 現地集合・現地解散
【対象】原発事故を含む東日本大震災被災地に居住、および対象地域外に避難中のご家族。
    岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県
*乳幼児からご高齢の方まで、どなたでもご参加いただけます。
*現地集合・解散のため、お子さまのみの参加はご遠慮ください。
【参加費】無料(宿泊・食事・プログラム費)
【交通費】交通費最大お一人様往復10,000円の補助あり
【定員】50名
【プログラム内容(予定)】ふじさんぽ、キャンプファイヤー など
*プログラム内容は現在、調整中です。
*プログラム内容は変更になる場合もあります。
【応募方法】日本YMCA同盟東山荘ホームページから「第8回おやこリフレッシュキャンプ応募用紙」をプリントアウト又はダウンロードし、必要事項を記入のうえ、東山荘までFAX又はメールにてお送りください。東山荘の「のびのびキャンプ」「おやこリフレッシュキャンプ」にご参加いただいた事がない方を優先とさせていただきます。参加者確定には5月31日までに東山荘より郵送にてご連絡させていただきます。落選通知はいたしませんのでご了承ください。
FAX:0550-83-1138 Email: tozanso@ymcajapan.org

【応募期間】2012年5月18日(金)~5月27日(日)AM9:00~17:00まで
【主催】公益財団法人  日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘

【協賛】三菱商事株式会社
*ご不明な点、ご質問などがございましたら、東山荘までお問い合わせください。
Tel: 0550-83-1133
Fax: 0550-83-1138
Email: tozanso@ymcajapan.org

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。