fc2ブログ

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

■【活動報告】新潟拠点(11月/12月)

新潟拠点の活動(平成24年11,12月)を報告いたします。



【11月】
■1か月の活動の中で、特に力を入れたこと

○「ふくしまママ茶会@五泉」の企画、運営
 開催日の二週間前に、本チーム主催での茶会開催が決まったため、茶会構成、チラシ作成、開催準備など急ピッチで準備を行った。特に茶会構成に至っては、五泉市市民団体すてきネット“五泉”事務局と連携をとり、五泉市内既存の団体で講座・企画を行っている団体情報の提供や手配をいただいた。協議の結果、五泉市内で運動プログラムを開催している方にお願いし、冬に向けた軽い運動講座を開催した。
 当日は参加者二名とスタッフ三名のこじんまりとした会であったが、約40分間の楽しい運動後、話題のケーキを囲みながらのおしゃべりはとても充実した時間であった。二名ともに昨年度の茶会にも参加いただいており、避難時から継続している悩み、一年以上生活した中での新たな悩みやニーズ、これからについての考え方など、昨年度の考え方の差異が見えた話題であった。またアンケートでは昨年度と同等の質問か所を設けたため、「会において期待していること」「よかった点」「今後の必要ニーズ」などについて前回と今回約一年間の比較が行えるようになった。

○ふくしまママ茶会@南区 開催準備
 7月と9月に共催した「南区避難者交流会クローバー」と前二回とも好評だった旨や今後の活動方針を聞きながら、12月開催の茶会についての企画会議を行った。前回は座学でのプログラムだったこともあり、今回は冬に向けて「軽い運動」を取り入れ、市内で講習を行うフラダンス講師を迎えることが決まった。今回の茶会開催は「クローバー」からの要望であり、また11月半ばには独自に芋煮会を開催したりと、さまざまに取り組んでおりサークルとして着々と力をつけつつあることが伺える。




【12月】
■1か月の活動の中で、特に力を入れたこと

○ふくしまママ茶会
 13日(木)に新潟市南区にて3回目の「ふくしまママ茶会」を開催した。今回も、当事者団体「南区避難者交流会クローバー」、南区役所見守り相談員、健康福祉課等と連携し、準備開催を行った。当日は、大人9人、子ども3人の参加があった。今回のプログラムでは、体を動かしてリフレッシュを目的に、フラダンスの体験を行った後、参加者主体で交流・お茶会を行った。
 今回のママ茶会で印象的だった点は、次の5点である。

 ①フラダンスの講師について、当事者団体であるクローバーの代表が積極的に探してきて依頼を行ったこと。最初の企画では、団体の活動をサポートしている地元公民館のつながりで講師を依頼する予定だったが、日程調整がつかず、地元で教室を開いている方にお願いしたところ、快く引き受けて下さった。この講師の方が、とても親しみやすい方で、フラダンス体験のあとの交流会にも残って下さり、参加者が新潟で生活をしている実情を聞きながら、いい形で参加者をまとめて下さった。

 ②地元からのサポートがさらに見えてきたこと。今回の企画では、地元から二つの支援があった。一つは会を行っている南区の名産品である果物が差し入れられたことである。ママ茶会以前にも、当事者団体の定例会にも館長から差し入れがあり、その目的を知った地元農協が、今回は差し入れをして下さった。もう一つは、地元ママサークルからの衣類の提供である。日頃、子どもたちの衣類を提供しているということで、よかったら使って下さいとたくさんの衣類が寄せられた。参加者たちも並べられた洋服を楽しそうに選んでいた。妊婦である参加者も、ベビーの服をたくさん選び、嬉しい様子だったのが印象に残った。残った衣類は提供して下さったサークルが持ち帰って下さるという心遣いであった。前回の企画に引き続き、団体の活動が認識され、手をさしのべて下さる方たちが増えてきたことは、喜ばしい限りである。

 ③地元社協からの参加者があったこと。今回のママ茶会には、地元社協のスタッフが見学・参加して下さった。ママ茶会での話題が福島と新潟の違い(小学校の登下校等)になった時、参加して下さった方が地元で小学生のお子さんがおられる方ということもあり、地元の様子をよく話をして下さった。同じ地域に住む子育て中のママという共通項で参加して下さったことで、ママ茶会の話の内容が深められていた。

 ④福島に戻られるという方の参加があったこと。この方はFnnnPが避難当初から継続的に支援をしてきた方である。12月いっぱいで福島に戻られるということで「最後になるので」と参加して下さった。避難した当初、不安な生活をFnnnPに助けられたと話されておられ、「あの支援がなければ、新潟での生活はできなかった」と感謝の気持ちを述べられていた。こちらとしても、活動がまだ手探りの中、彼女のママ茶会等への参加が何よりありがたかった。戻られる理由はお子さんが成長するにつれて、お父さんを恋しがるようになったとのことだった。

 ⑤当事者団体「クローバー」の活動の方向性が見えてきたこと。代表のお二人は、この震災、避難をきっかけに団体を立ち上げられたため、自らの活動の方向性に悩みや不安を感じておられた。その中で、FnnnPが関わっていくことで、「あり続けること」の大切さにも気づき、この冬の時期は活動を休止する予定だったが、「参加者が少なくても、ここに来れば誰かいるという場所を用意しておきたい」と活動を進めていく決意を話してくれた。同じ地域で連続のママ茶会という形は私たちにとっても初めてのことであったが、当事者のエンパワメントができたことは喜ばしいことであった。


■今後の活動 についての提案、工夫したいこと

○支援団体間の繫ぎ役、地元当事者団体との連携
新潟拠点が活動の中心としている地域で、少しずつではあるが当事者団体が活動を始めつつある。これらの団体を繋ぎ、エンパワメントしていく必要性を感じている。
また、新潟で活動している地元ママたちの団体等とつなげることにより、活動のモデルや団体・組織の運営について、情報提供をしていきたい。

~~~~~~~~~
新潟チーム
代表 小池由佳(新潟県立大学准教授)
副代表 高橋若菜(宇都宮大学准教授)
事務局・会計 渡邉麻衣

PageTop

■【活動報告】群馬拠点(1月)

群馬拠点の活動(2013年1 月)について、下記のとおり報告致します。

(1) 情報交換
・関西学院大学災害復興制度研究所主催「復興・減災フォーラム」(1月12日)出席し、被災者や各地の支援者等と意見交換をした。
・放射能から子どもを守る安中の会主催「原発事故子ども被災者支援法勉強会」(1月27日)に出席し、質疑に参加した。 

(2)今後の予定
・放射能から子どもを守る高崎の会主催「原発事故子ども被災者支援法勉強会」(2月23日)で講師をつとめる。
・ 東日本大震災避難者調査報告書(最終版)の作成。

以上です。 


福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
群馬拠点代表 西 村 淑 子

PageTop

■プチ保養2013年2月~4月(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

======================

福島及び近隣地域の乳幼児~中高生親子の保養にどうぞ!!
NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト
プチ保養2013年2~4月乳幼児~中高生親子プラン

福島の親子応援東京スティ第7回募集要項

比較的放射線量の高い福島および近隣の地域にお住まいの方を対象に、昨年からプチ保養に取組み、14組の御家族とオープンキャンパスの見学を兼ねた女子高生のグループ合わせて17組(リピーター3組含む)の皆様にご利用いただきました。
利用者のお住まいも国見町・川俣町・福島市・二本松市・郡山市・須賀川市・白河市と少しづつ広がり、滞在日程も1泊2日から7泊8日まで様々です。

場所は東京の郊外ですが、週末や連休を利用して(平日ももちろんOK)自炊しながら自由に過ごして下さい。
ここを拠点に遊びにでかけるなどどうでしょうか。
学校選びや就職活動などに利用するのもいいかも。ご希望であれば案内もしますよ!!
東京スティで気分転換して、日頃の放射能によるストレスを吹き飛ばし、免疫力のアップにつながることを
願っています。
5月以降も保養の予約ができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

★スティ先
神戸(かんべ)宅(清瀬市松山2丁目・西武池袋線清瀬駅から徒歩7分)

募 集 親子1~2組6名ぐらいまで(2階建一軒家1階部分 3DK)
食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料あります。
交  通 西武池袋線清瀬駅下車徒歩12分。清瀬駅から池袋まで25分、新宿三丁目33分、渋谷まで39分
駐 車 近くの有料駐車場
設備備品 ガス水道電気・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エアコン
自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども400円 大人(中学生以上)800円
そ の 他 テレビ・風呂なし。お風呂は近くの銭湯でお願いします。
家主が併設の事務所で10時~18時アニメの仕事をしています。トイレと台所昼間のみ共用
 
萩原春代宅(東村山市多摩湖町3丁目(西武多摩湖線西武園駅下車徒歩6分)
  
募  集 親子1~2組8名ぐらいまで(2階建一軒家)
食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料あります。
交  通 西武園駅から東村山駅乗り換え西武新宿線に乗り高田馬場まで35~40分。
駐 車 駐車スペース(高2.2m)有り
設備備品 ガス水道電気・風呂・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エアコン・床暖房(1Fのみ)有
※すぐ近くに西武遊園地、西武球場、トトロの森があります。スーパー有。
自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども500円 大人(中学生以上)1000 円
そ の 他 テレビなし。

★申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ! まずは連絡お待ちしています。
  NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト(長谷川)
〒204-0022東京都清瀬市松山2-19-6
  TEL.042-493-7970 FAX.042-493-8090 (お願い!! 電話は10回以上鳴らして下さい)
  携帯070-6611-2690(WILLCOM) Eメール kiyosekodomonet@yahoo.co.jp

PageTop

■【会計報告】(1月)

下記の通り、2013年1月分の会計状況を報告致します。

当月より、拠点設置地域へ避難されているお母様方の自主的な動きをサポートする、
「ママ・スタートアップ助成」を開始致しました。
ご寄付として団体活動へ頂いた資金を活用させていただいております。
(本助成に関する詳細はこちら:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-category-41.html

いつも皆様のご賛同、ご協力、誠にありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


(1)収入 総計 2,453,280円
   <前月からの繰越金>
     2,441,980円
   <寄付者数と寄付金額(総計)>
     寄付者数 事業者1 個人2名
     寄付金額(総計) 11,300円

(2)支出 総計 1,043,692円
   <各支出の明細>
     1.三菱商事助成金 457,580円
      1月会計報告(三菱)
     2.赤い羽根 27,462円
      1月会計報告(赤い羽根)
     3.ご寄付 558,650円
      1月会計報告(寄付)

以上

PageTop

■ママ活ミーティング@東京ウィメンズプラザのご案内

★『ママ活ミーティング』開催のお知らせ★

「福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト」は、避難生活の中で、様々に活動を開始したママグループを応援する「ママ・スタートアップ助成」を2012年12月に開始しました。
この度、第1回助成に採択された団体の皆様をお招きし、交流会およびグループやNGOの設立、運営、活動、お金のこと等について 専門家をお招きし、気軽な勉強会&座談会を開催します。

日時:2013年2月23日(土) 10:00~15:00
会場:マ マ = 東京ウィメンズプラザ 1Fフリースペース
   子ども = 子どもの城で、保育ボランティアと遊びます
 保育は事前にお申込みください
 10:00 子どもの城エントランスで受付
     持ち物:お昼、飲み物、必要に応じおむつ、着替え
サポーター:FnnnPスタッフ、学生ボランティア
プログラム
 10:30 活動&自己紹介
 11:30 ランチタイム情報交換
昼食は、お店やマルシェの屋台などがありますので調達できます。
 13:00 無理なく続けよう!ママ活基本レクチャー
 14:00 悩み、困りごと座談会

講師:山根真智子氏
東京都出身 パルシステム東京、東京都生協連などの生協活動において、多数の市民活動の立ち上げ及び支援を行なってきた。2000年よりNPO法人NPO事業サポートセンターでNPO支援に従事。NPO法人、ソーシャ ルビジネス、コミニティビジネスに関する相談サービスやマネジメント 研修、経営支援 など幅広いサポートを行っている。また2006年より、パルシステム生協連合会地域活動支援室の専門委員として、女性の 起業支援講座「実践起業塾」や融資支援などを企画・実行している。

 14:50 子どもたちと合流
 15:00 解散

※イベント保険加入のため、ご住所・電話番号を確認します。
※充分な注意を払いイベント保険に加入しますが、それぞれの責任でご参加いただくため到着時に一筆をお願いしています。  

◆申込み・問合わせ 
 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
 首都圏コーディネーター 堀ひとみ
 メール:fukushimasyutoken<@>gmail.com ※<>は外してください。
 電話:090-3923-8583

PageTop

■ママ活ミーティング@東京ウィメンズプラザのご報告

■日時:2013年2月23日(土)10:00~15:00
■場所:東京ウィメンズプラザ&子どもの城
■対象:ママ・スタートアップ助成採択団体のみなさま

<ご報告>
参加:4団体 6名 子ども 4名
講師: NPO事業サポートセンター 山根真知子理事
スタッフ:学生ボランティア3名、保育士3名、拠点スタッフ2名
ご協力:ル・アンジェ株式会社(保育士紹介)

「ママ活!」と題し、ママ・アスタートアップ助成に採択された団体の皆様と初のミーティングを開催しました。
首都圏だけでなく、群馬県、茨城県からも参加され、それぞれの活動状況やこれからのことお悩みなどなど、情報・意見交換の場となりました。

講師の山根先生よりは、団体活動の基本から、仲間集め、場所探し、資金調達、助成金申請のポイント、イベント開催テクニックなど、今まさに必要な情報をいただき、みなさん熱心に耳を傾け、質疑されました。
これからの団体運営に、役立つレクチャーをありがとうございました。

横のつながりが深まり、様々な連携の可能性へと広がりました。「何か」ができるかもしれない。。そんなひと言が、人を結び、心を結ぶ活動に繋がっていることを実感したイベントでした。

今回も、子どもたちは、学生ボランティアと保育士さんとともに、子どもの城にて遊び、安全に過ごすことができました。ご協力ありがとうございました。

次回「ママ活ミーティング」は、2013年5月18日(土)を予定しています。

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
 首都圏コーディネーター 堀ひとみ

PageTop

■小豆島と高松近郊で春休み!(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

=================


小豆島と高松近郊で春休み!
2013春休み保養プログラムのご案内


「NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」は、
福島の子どもたちに自然の中でのびのびと子どもらしい時間を過ごしてもらおうと2011年7月に発足しました。
たくさんのボランティアのご協力と中央共同募金会を始め多くの団体や企業のご支援をいただき、
2011年夏休み、冬休み、2012年夏休みに計約150名を各11泊12日間、香川に迎えるとともに、
生活用品のそろった住宅「おいでハウス」での年間を通じての保養の受け入れや、
ホームステイ受け入れ、移住して来られた方への支援なども行ってきました。
このほど2013年春休みの保養プログラムを企画し参加者を募集しています。

1) 実施期間:2013年3月24日(日)~4月4日(木)の11泊12日間(往復とも借り上げ送迎バス)
    (3月24日朝5時に福島を出発して同日夜、香川着。4月4日朝7時に香川を発って同日夜、福島着)
2)滞在場所:3月24日~28日(5泊)  小豆島ヘルシーランド保養研修所(小豆郡土庄町)
       3月29日~4月4日(6泊)高松市近郊の5軒の「おいでハウス」に分宿。
3)活動内容:お花見、浜遊び、スポーツ、移住相談など。
ボランティアとともに自炊を基本とし、後半の6泊は「おいでハウス」に分宿します。
子どもだけの参加者の滞在する一番大きな「おいでハウス」にはボランティアが常駐しますが、
保護者同伴の場合は他の4軒の「おいでハウス」に滞在して自由に活動していただきます。
(ボランティアが必要に応じてサポートします。これら4軒の「おいでハウス」に滞在中の食材費は各自ご負担願います)
後半にもみんなが参加できるイベントを企画します。
4)募集定員:福島県および近県の放射能の不安を抱える地域に住む子どもたちとその保護者40名
(小学校低学年以下は保護者同伴としますが、個別のご相談に応じます)
5)費用等 :参加費・交通費・滞在費・食費を含め、大人1万円、子ども5000円
       (個別の事情によって免除できる場合がありますので、ご相談ください)
6)注意事項:主催者として参加者の安全対策に十分配慮しますが、
基本的に参加者ご自身でご注意いただけますようお願いします。
参加者の旅行傷害保険加入は主催者側が手配します。
7)申込方法:参加者の氏名(ふりがな)、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、
参加を希望する理由(お子さんの状況や自宅付近の環境など)、移住に関する情報を希望されるかどうか、
アレルギーの有無などの留意事項を明記の上、以下の連絡先にお申し込み下さい。
8)締め切り:2月28日(木)
9)参加者決定:応募者多数の場合は、子どもさんの状況等を考慮の上、選考させていただき、参加
の可否を3月8日頃までにご連絡いたします。
主催団体 :NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
  Facebook「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」
 http://fukushimanokodomo.ashita-sanuki.jp/
〒760-0022香川県高松市西内町7-25
   TEL/FAX:087-813-0715 メール:ZVF05007@nifty.com

PageTop