福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■更新:福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト(FSP)合同報告会・討論会のお知らせ

====================================
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト
合同報告・討論会
~東日本大震災・原発事故発生からもうすぐ2年、私たちは何をすべきか?~

====================================
文字色

多数の方にご来場いただきまして、ありがとうございました。
なお、報告会の映像がIWJ 5チャンネル(下記アドレス)にて公開されています。
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5




「12月末の借り上げ住宅対応打ち切りを知り、非常に困難な状況に置かれています」(福島県内からの電話相談)
「何もかも不安だらけで毎日を送っています。ガンバる毎日に本当に疲れました」(群馬県への避難家族アンケート結果)
「友人などもほとんどいないので、日中いつも子供と離れられず。リフレッシュできました」(栃木拠点イベント参加者の声)


原発事故発生から1か 月で立ち上げた福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト(FSP)と福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)の活動は、「子どもの安全と健康を願うご家族に寄り添う」ことを目指し、もうすぐ2年 を迎えます。多くのご協力のお蔭で、FSPは福島内外ご家族のニーズの聞き取りやアンケート調査(延べ1599世帯)を実施し、FnnnPは5拠点(栃木・新潟・茨城・群馬・首都圏)と福島県内延べ830世帯を超える様々なニーズに対応してきました。

しかし、冒頭に紹介したように、状況はより深刻・複雑化し、福島内外のご家族の苦悩も増す一方です。他方、福島内外で子どもを守るために 立ち上がったご家族、お互いに支え合おうとするご家族、それを支えようとする市民の尊い姿を私たちは目にしてきました。

本報告会では、福島県とその周辺4県・首都圏で行ってきた2年間の活動をふり返りながら、乳幼児・妊産婦ご家族の現状とニーズを紹介する とともに、当事者や行政、支援者の皆さんを交え、今後に向けて「私たちがすべきことは何か」を話し合いたいと考えています。

原発事故から2年。どうすれば子どもたちの安全と健康を守り、福島の人びとの権利が回復ができるのか、多様な立場の「私たち」が共に集い、話し合う機会をしたいと考えます。


当日の様子はIndependent Web Journal(IWJ)でご覧頂けます。(チャンネル5)
(URL)  http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

<会場>
東京ウイメンズプラザ 1F視聴覚室
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 
 JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
 都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分
(URL)http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html 

<プログラム>
●12:30~13:30 3大学アンケート結果報告
・群馬大学社会情報学部 (西村淑子准教授/FnnnP群馬拠点長)
・宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター(阪本公美子准教授/FSP事務局長/FnnnP副代表他)
・茨城大学地域総合研究所(原口弥生准教授/FnnnP茨城拠点長)

●13:30~15:00 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト活動報告会
・FnnnP設立背景と2年間を振り返る
(FnnnP代表・舩田クラ―センさやか 東京外国語大学准教授)
・各拠点における避難者ご家族との歩み
・当事者団体支援・市民連携の重要性

●15:20~16:20 討論会 「原発事故から2年が過ぎ、私たちは今、これから、何をすべきか?」
・ファシリテーター:舩田クラーセンさやか(FnnnP代表/東京外国語大学准教授)
・パネリスト(予定)
河崎健一郎 (弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)共同代表)
西崎伸子 (福島大学行政政策学類准教授/福島の子ども保養プロジェクトアドバイザー)
茨城県、群馬県、東京都への避難者4団体 (FnnnPママ・スタートアップ助成先団体)
佐藤伸司 (福島県保健福祉部子育て支援課副主査)
樋口葉子 (ふくしま子育て支援ネットワーク代表世話人)

●16:20~16:30 閉会の挨拶 
重田康博 (宇都宮大学国際学部教授/福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト(FSP)代表) 
司会:清水奈名子 (宇都宮大学国際学部准教授/FSPメンバー)

(本件に関する詳しいお問い合わせ)
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)事務局
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
東京外国語大学 舩田クラーセン研究室内     
携帯:090-1710-2067(事務局コーデイネーター黒川)
メール:fukushimaneeds<@>gmail.com 

スポンサーサイト

PageTop

■盛況の内に終了致しました/福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト 合同報告会・討論会 ~東日本大震災・原発事故発生からもうすぐ2年、私たちは何をすべきか?~

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト 合同報告会・討論会
~東日本大震災・原発事故発生からもうすぐ2年、私たちは何をすべきか?~

【日時】 2013年2月3日(日) 12:30~16:30 開場12:00
【会場】 東京ウイメンズプラザ1F視聴覚室 
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 ℡ 03-5467-1711(代) )
【主催】 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)
  宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト(FSP)
【協力】 国際開発学会「原発震災から再考する開発・発展のあり方」研究部会
【司会】 清水奈名子 宇都宮大学国際学部准教授/FSPメンバー

上記、合同報告会は、皆様のご協力の下、大盛況のうちに無事終了いたしました。
ご来場頂きました皆様、ありがとうございました。


当日は
当日受付来場者 11名(お子さん連れの方もいらっしゃいました)
一般のご予約者 53名
パネリスト4名と当事者団体6団体
メデイア21社

運営ボランテイア22名
保育ボランテイア16名
保育士3名
拠点長・拠点スタッフ計16名

での開催となりました。

会場には参議院議員 川田龍平氏もお越しいただき、第三部では白熱した議論が交わされました。

第一部 12:30~13:30 3大学アンケート結果報告
福島県内の未就学児・震災直後・栃木県・群馬県・茨城県・および周辺県の被災者の状況が発表され、
第二部 13:30~15:00 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト活動報告会
FnnnP設立背景と2年間を振り返り、各拠点(栃木・新潟・茨城・群馬・首都圏)における避難者ご家族との歩みの報告、および当事者団体支援・市民連携の重要性についてアドボガシー担当より報告がありました。
第三部 15:20~16:25 討論会「原発事故から2年が過ぎ、私たちは今、これから、何をすべきか?」
河崎弁護士(SAFLAN)、福島県よりパネリスト3名、FnnnPママ・スタートアップ助成先団体(SnowDrop様・ふくしまキッズカフェ様)、重田FSP代表をパネリストとして迎えての討論会を開催いたしました。

なお当日の様子は、下記にてご覧いただけます。
遠方にてお越しいただけなかった方は、ぜひこちらをご覧ください。
(*インターネットニュース配信期間は約1週間です。ご注意ください。)

◆Independent Web Journal(IWJ) (チャンネル5)
(URL)  http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

◆2/3NHKニュース7(動画)
原発事故避難者への支援を考える
(URL) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130203/k10015265061000.html

◆2/3TBSニュース(動画)
原発避難長期化で家族離散が増加
(URL) http://news.tbs.co.jp/20130203/newseye/tbs_newseye5247858.html

◆2/4毎日新聞インターネット版(茨城)
東日本大震災:福島第1原発事故 拠点5カ所、都内で合同報告会--福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
「全国で団結必要」 避難者要望や活動発表
(URL) http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20130204ddlk08040050000c.html

◆YouTube (全体で二部にわけてあります。)
20130203 UPLAN 3大学アンケート結果報告・FnnnP活動報告会
(URL)  http://www.youtube.com/watch?v=JFNBMTQxyzs
20130203 UPLAN 原発事故から2年が過ぎ私たちは今これから何をすべきか?
(URL)  http://www.youtube.com/watch?v=1eRDoZu4K5E


ご多忙中の中、日曜日とありながらもご来場いただきました皆様に改めてお礼申し上げます。
また、ご協力いただきました皆様に、心よりお礼申し上げます。


事務局コーデイネーター:黒川亜矢子
 

PageTop

■【活動報告】茨城拠点(1月)

2013年1月の茨城拠点の活動についてご報告します。
1月活動報告(茨城拠点)             

1.ニーズ聞き取り
・茶話会参加者ママからの相談・対応(主に電話での傾聴)  

2.ニーズ対応 
・避難されていてお便りが届いていない方への情報お届け(1/19)
・自助グループのイベント開催へ向けて県南生涯学習センターへ託児依頼のお手伝い(1/16)
・被災者支援関係のWeb掲載資料の印刷・郵送(随時)
 
3.イベント 
   今月はなし

4.広報
(1)「原発事故子ども・被災者支援法」
院内集会@参議院議員会館での「北関東3県アンケート」の配布・紹介(1/22)
(2)NHK水戸放送局からの取材(1/24)
(3)茨城大学地域総合研究所実施の「東日本大震災による茨城県への広域避難者アンケート」については、産経新聞(1/9)、東京新聞(1/24)に掲載

5.ニーズに対応した関係団体との調整・情報収集 
(1)土浦市への来年度活動予定確認他避難者支援に関する来庁依頼(1/8、石川)

6.運営基盤
(1)FnnnP&FSP合同報告会、来年度の活動に向けた打ち合わせ会議(1/21,1/31)

7.他団体との連携・協力 
(1)関西学院大学災害復興制度研究所主催、2013年復興・減災フォーラム「一人ひとりに『守るべきもの』がある社会へ -災害復興と社会的包摂-」(1/12~13)
(2)わくわくプロジェクト土浦主催土浦交流会準備、参加(1/20)
(3)ふうあいねっと次回の避難者向けチラシ&お便り配布準備(1/29)
(4)ルピナスの会主催「災害ストレス講演会」(1/17)開催の周知支援(1/7~16)

■協力・連携した団体や機関 
茨城大学地域総合研究所、茨城NPOセンター・コモンズ ホープいばらき、茨城県内の避難者・支援者ネットワーク「ふうあいねっと」、茨城県災害対策本部福島支援班、県南生涯学習センター、わくわくプロジェクト土浦、りゅうのしっぽ、ルピナスの会、ふくしまキッズカフェ、住友商事 東日本再生ユース・チャレンジプログラム、関西学院大学災害復興制度研究所 
     
以上(石川・原口)    

PageTop

■【活動報告】事務局(12月/11月)

活動報告・事務局(12月)

【事務局】
当月は避難当事者ママ同士の互いの支え合い、及び主体的な活動に取り組むママたちの試みを応援するため設置した、「FnnnPママ・スタートアップ助成」の広報、及び助成先団体選考に力点をおきました。
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-category-41.html

(1) FnnnPママ・スタートアップ助成
FnnnPママ・スタートアップ助成は、当会初の試みです。この助成を機に、ぜひ当事者みなさんの主体的な活動が、今後も持続的に発展していくことを願い、また皆さんを応援したいという想いを込めて当会は本助成を行うこととなりました。
当事者団体が、今後活動を継続展開していくにあたり必要な助成金の申請に関して、申請書の書き方など、応募5団体に対して丁寧にサポートしました。

(2)「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」の支援。
「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」では、参院選を前に、政党アンケートを実施しました。その結果を12/5に各メディアに広報し、FB、Twitterなどの拡散材料となりました。
また、12/10には福島県庁を訪れ、担当所管へ、「借り上げ住宅新規申込打ち切り」に関する申し入れを署名とともに行いました。提出後は記者会見を開催し、当日多くのメディアが取材に来ました。

(3)広報活動
当ブログの更新、及びtwitter・Facebook「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」ページの更新も随時行いました。

(4)『第3回社会学会系4学会合同集会「原発避難を捉える/考える/支える」(2)』に参加(インターン田中)
12月22日に法政大学にて開催されました、『第3回社会学会系4学会合同集会「原発避難を捉える/考える/支える」(2)』に参加しました。
「社会学の視点から原発避難を考えることで、FnnnPの活動を客観的に見直すことができました。」(田中)

(5)情報発信(ブログ全28件)
保養情報11件(保養6件、短期ステイ5件)の発信、活動・会計報告、イベント告知等 

(6)事務局・首都圏インターンの選考
インターンの募集を行い、応募者の面接・選考を行いました。
1月より、もう一人新インターンが就任します。

(7)その他
月次報告(活動報告および会計報告)
ご寄付、お問合せ対応

代表 舩田
事務局コーディネーター 黒川 インターン 田中(12/1より就任)
住宅マッチ担当 森下 アドボカシ―担当 中山




活動報告・事務局(11月)

【事務局】
当月は11月10日第5回拠点長会議の開催とニューズレター第3号の完成、及び印刷と発送準備に力点を置きました。
また、11月27日には、厚労省へ福島県が発表した「借り上げ住宅新規申打ち切り」を阻止するよう、要望書を提出。11月28日には、平野復興大臣へ要望書を提出、その後、関係省庁(復興省、環境省、厚労省、国土交通省)の担当に私達が考える基本方針の提案と意見交換を行いました。

(1) ニューズレター第3号(FnnnP通信)の完成
完成時期が、外大祭間近と、広報担当学生ボランティアが最も多忙な時期と重なってしまいましたが、学生の頑張りと奮闘によって無事にニューズレター第3号を完成させることが出来ました。
完成と同時に寄付者・賛同者・協力者へ送付しました。

(2)第5回拠点長会議開催
11月10日(土)第5回拠点長・スタッフ会議を開催。今回の拠点長会議では、2011年3月福島第一原発事故後、避難を余儀なくされている乳幼児や妊産婦家庭の支援活動をしてきた当団体の活動を、活動初期から振り返り、来年度の活動に関して厳しい議論が展開されました。

(3)「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」の支援
上記にあげた政府への要望提出の準備や、衆院選を意識した「支援法に関する政党アンケート」の配布と回収、結果まとめを行いました。また、メディアや一般の方々からの視認性を良くするための市民会議ロゴのリニュアルも行いました。
さらに、「借り上げ住宅新規申込打ち切り」に関しては、FoEJapanの署名活動の援護射撃として、change.orgとのアライアンスによる双方のPRにつとめました。

(4)第10回とうきょうワクワクえんそく(11/23)運営サポート
当日はあいにくの雨模様ではあったが、連休初日とあり、福島から上京されたパパや祖父母と一緒のご家族もおられました。久しぶりにパパと一緒に過ごせることを喜ぶ子供たちの笑顔がありました。

(5)情報発信(ブログ全25件)
保養情報( 5 件)の発信、活動・会計報告、イベント告知等 

(6)事務局・首都圏インターンの選考
インターンの募集を行い、応募者の面接・選考を行いました。
12月1日より、新インターンが就任します。

(7)その他
月次報告(活動報告および会計報告)
ご寄付、お問合せ対応

代表 舩田
事務局コーディネーター 黒川 インターン 田中(12/1より就任)
住宅マッチ担当 森下 アドボカシ―担当 中山


お詫び:事務局活動報告の公開が大変遅れまして、申し訳ありません。お詫びいたします。

PageTop

■【活動報告】栃木拠点(1月)

FnnnP栃木拠点、FSP、FnnnP Jr.共同で以下の活動を行いました。

(1)ニーズ聞き取り・状況把握
 今月は、新たなニーズは聞き取らず、この2年間、避難所聞き取りにはじまり、FSPのアンケート結果、電話・メール相談、訪問支援などで把握してきたニーズを、2月3日のFnnnP/FSP合同報告会・討論会でどのような形で社会に発信すべきか、FnnnP・FSP・FnnnP Jr.合同で作業しました。
 
(2)ニーズ対応
 1)「子ども・被災者支援法」について学ぶ機会が欲しいとの避難者の声に答えて、尾谷弁護士をお迎えして「ママ・パパ茶会~子ども・被災者支援法を学ぶ~」を2月17日に開催することになりました。また、このイベントを知った日光市在住の栃木県民の方から「原発事故子ども・被災者支援法」をいっしょに学びたいというご要望をいただきました。そこでFSPが中心となり、急きょ同日の午後に「栃木県の皆さんと学ぶ 原発事故子ども・被災者支援法―弁護士による説明会のお知らせ―」を開催することになりました。午前に引き続きFnnnPJr.も準備や当日の子ども対応で協力します。
 
(3)イベント
 1)2月17日(日)に、「ママ・パパ茶会~子ども・被災者支援法を学ぶ~」を宇都宮大学で開催いたします。このイベントはFnnnP Jr.が開催する最後のイベントとなります。弁護士さんをお呼びして子ども・被災者支援法について学ぶ予定です。親たちが、支援法について学んでいる間、0歳~3歳の乳幼児は託児ボランティアと過ごし、4歳以上の子どもはJr.と一緒に体育館で遊ぶ予定です。体育館で安全に元気に遊ぶことができるよう、Jr.で遊びメニューを考えています。
 また、託児ボランティアを育児経験のあるお母さん4名に依頼しました。このボランティアの1名は昨年12月のクリスマス会で避難者の付添で一緒にいらして下さった宇都宮市民の方で、託児ボランティアとしてご協力いただけることになりました。

(4)広報
 1)FSP報告書を3月上旬に刊行する予定です。この報告書の中で2年間FnnnP栃木、 FnnnPJr .の活動も報告する予定です。
 2)FSP、FnnnP Jr.メンバーが、とちぎ暮らし応援会の栃木県内の全避難者(1000世帯以上)への発送作業に協力しました。今月は、この郵送物の中にはFnnnPからのお知らせはありませんでした。

(5)ニーズに対応した関係団体との調整・情報収集
 1)とちぎ暮らし応援会の発送作業が1月5日に行われ、FnnnP栃木から3名が協力にうかがいました。
 2)2月3日にFnnnPとFSPの合同報告会・討論会が開催されます。第1部では、FSPで行ってきたアンケートについて報告し、第2部では、FnnnP栃木の活動、FnnnPJr.、訪問支援活動の報告を行うため、発表の準備をいたしました。Jr.のメンバーも当日の会場運営で協力することになり、準備を進めています。

PageTop

■「リフレッシュ・キャンプ相談会 in いわき&那須塩原」

「リフレッシュ・キャンプ相談会 in いわき&那須塩原」
 ~移住相談と健康相談と法律相談もできます~

春休みと新年度を前に、全国の受け入れ支援団体が初めて、福島県いわき市と栃木県那須塩原市に集まります!
春休みのキャンプ、いつでも行ける家族保養、年度替わりでの移住などについて説明します。

放射能を気にしながらの生活から離れて心と体を休ませましょう。その他、健康に関すること、法律に関することも、相談に応じます。子どもスペースも用意して待っています。北海道野菜のプレゼントもあります。

参加無料、予約不要、お気軽におこしください。

よくある相談内容
♪放射能からの保養や避難について家族の理解が得られない。
♪保養や移住で外に出た先の具体的なイメージがなく心配だ。
♪被曝や食品についての不安を周囲の人に打ち明けられない。

【日時・場所】
◆2月23日(土) 14−18時 
会場:ラトブ Latov 6階(福島県いわき市平字田町120)

◆2月24日(日) 11−15時 
会場:東那須野公民館 会議室2・3(栃木県那須塩原市東小屋474-11)


【参加予定団体一覧】
札幌むすびば(北海道)
札幌恊働福祉会(北海道)
福島の子どもたちを守る会北海道(北海道)
東北ヘルプ(青森・宮城)
毎週末山形(山形)
日本の森バイオマスネットワーク(宮城)
りょうぜん里山がっこう(福島)
いわきの子どもを守るネットワーク(福島)
那須塩原放射能から子供を守る会(栃木)
印旛・手賀沼環境あっぷ協議会(千葉)
福島こども保養プロジェクト@練馬(東京)
いのち・むすびば(山梨)
4月3日のひろば(山梨)
ふくしまいせしまの会(三重)
さよなら原発ママパパ美作ネットワーク(岡山)

【保養データベース】
ほよ~ん相談会 http://hoyou.isshin.cc/ *その場で検索してプリントアウトします。

[健康相談]
市民放射能測定所(CRMS)

[法律相談]
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)

【主催】311受入全国協議会

問い合わせ:ukeire.soudan@gmail.com
電話: 070-6615-2989 (早尾)

   ~チラシ~
 リフレッシュ・キャンプ相談会 in いわき&那須塩原


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。