福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】事務局(3月)

【事務局】

当月は団体来年度の活動予定のとりまとめ、及びニューズレター第4号の作成に力を入れました。また、団体の最終活動報告書の作成にも着手し、同時に助成元への最終活動報告書作成も開始しました。

(1)FnnnPニューズレター第4号の製作
団体活動2年間の総括ともいえるFnnnPニューズレター第4号(最終号)の製作を開始しました。
今号は立ち上げ当初から活動に関わってくださっているスタッフの記事を掲載するなど、2年間の活動を振り返る内容となっています。
また、製作担当学生がスキルをUPさせたこともあり、早くスムーズに製作を進行することが出来ました。

(2)「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」の支援(アドボカシ―担当 中山)
事故から2年ということでの取材や確認が多数入りました(17本)。個別のマッチングのほか、なかなか動かない支援法に関してのインタビューなども受けました。下取材といった状況で終わったものもありますが、記者に支援法をご理解いただく一助にはなったかと思います。また、市民会議では被災者支援施策パッケージに関して復興庁からの発表と同時に市民会議として発表しました。

(3)広報活動 (インターン田中)
 団体ブログ、Twitter「福島県乳幼児・妊産婦ニーズ対応PJ」、Facebook「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」を随時更新しました。
 また、ニューズレター第四号が完成いたしました。2月3日に開催された合同報告・討論会や、FnnnPの2年間の活動の振り返りなど、盛りだくさんの内容となっています。
(ブログ掲載中 http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-category-32.html)

(4) 引っ越しサポート・ご寄附対応 (インターン古橋)
先月末から当月末まで問い合わせ頂いた引っ越しの案件(計4件)を中心に取り組みました。ご寄附頂いた方々へのお礼状・お礼メールもお送りしました。
また、NHKの番組制作に向けて他拠点の学生たちと一緒に企画会議に参加させて頂きました。企画内容を考えるだけでなく、私たち学生にとって貴重な意見交換の場にもなりました。
(参考サイト http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-539.html)

(5)情報発信(ブログ全10件)
当事者からの声、政策提言活動報告の発信、各拠点活動・会計報告、イベント告知等

(6)その他
月次報告(活動報告および会計報告)
ご寄付、お問合せ対応

代表 舩田
事務局コーディネーター 黒川、 
インターン 田中(綾音)、古橋
アドボカシ―担当 中山

スポンサーサイト

PageTop

■【活動報告】首都圏(4月)

【首都圏】

■活動内容
(1)ニーズ聞き取り
 (あ)新規に問合せ世帯に対するの聞き取り(全1件)
(2)個別ニーズ対応
 継続的にサポートを行っている世帯に対し、当月も引き続きサポートを行いました。
 (あ)家財道具・提供物資マッチング(全0世帯)
 (い)カウンセリング手配・傾聴ボランティア派遣(全1世帯)
   ・傾聴ボランティア(全1世帯)
 (う)個別相談対応(全4世帯)
(3)検索ボランティア活動の継続
   ・住宅情報の検索および月に一度の情報更新を継続
(4)イベント実施
4月15日サポーターズ会議への参加。「お手紙プロジェクト」リリース。

■今後の予定として、5月19日NHKとの「お手紙プロジェクト」ミーティング、25日ママ活ミーテイング②を予定しています。

首都圏 代表舩田クラーセン コーディネーター堀

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。