福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■ニーズ対応世帯総数が110世帯を超えました

本日、本プロジェクトの代表舩田クラーセンさやかと副代表の阪本公美子で、福島県に行ってき
ました。福島県内にいらっしゃる未就学児世帯のアンケートの件で地元団体と打ち合わせをし
てきました。また、本プロジェクトでは、9月17日(土)~19日(月)まで、東京都内で
会議&合宿を行い、拠点長、スタッフ、メンバーと共に、活動報告、ビジョン・ミッション確認、
今後の計画などを話し合いました。これらの点についての詳細も後日本プログでご紹介いたしま
す。しばしお待ちくださいませ。

なお、会議の際、本プロジェクトのニーズ対応世帯総数についての確認を行いましたので、ご
参考までに、皆さまにお知らせいたします。会議後、急激に対応世帯数が増えていますが、そ
の点についてはまた改めてお知らせさせてください。

2011年4月~9月17日までのニーズ対応世帯総数

●栃木拠点:合計33世帯
 (避難所13世帯 お茶会4世帯、メールでの問合せ対応16世帯)        
●首都圏・事務局:合計23世帯
 (メール&電話での問合せ対応4世帯、避難所・イベント19世帯)
●茨城拠点:10世帯 (主として、お茶会)
●新潟拠点:32世帯 (避難所、メール&電話での問合せ)
●群馬拠点:12世帯 (主として、お茶会)
以上、110世帯となっております。

拠点も5拠点に増え、ますます活動が活発化しています。活動の報告や会計報告は、本ブログで毎月報告しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。また、8月以降、ご寄付のご協力が減っています。これからますますニーズへの対応は増えていきますので、今一度皆さまのご理解とご協力、どうぞよろしくお願いいたします。ご協力感謝いたします。 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト 代表 舩田クラーセンさやか

ご寄付先情報
(1)ゆうちょ銀行のATMから送金の場合
10050-78784561
フクシマニュウヨウジニンサンプタイオウ
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
*別途メールにてご連絡いただけると幸いです。
(2)他の銀行やATMからの振り込みの場合
ゆうちょ銀行 店番号019店、
当座預金、0663428
*別途メールにてご連絡いただけると幸いです。
(2)郵便振替口座(郵便局にて紙で入金するタイプ)
00100-2-663428
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
*ご住所、お名前、メッセージなどお書き添えください。

「福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト」事務局
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1東京外国語大学 舩田クラーセン研究室内
電話・ファックス:042-330-5260(直通)
メール:fukushimaneeds<@>gmail.com
公式ブログ:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。