福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】栃木(9月~10月)

栃木県内の9月中旬から10月中旬までの活動を報告します
(福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト(FNP)、福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP)、FnnnP Jr.との共同活動)

(1) ニーズ把握
①うつくしまNPOネットワークとの共同事業として未就学児童を持つご家族への避難に係る実態調査を実施し、9月から10月にかけて16名の入力ボランティアの協力、1名のスタッフのとりまとめのもと188世帯のアンケートをFNP&栃木拠点が中心となり入力&とりまとめをしてきました。
②主に栃木県に避難している乳幼児を持つ26世帯に、ちびっこキャンプ案内・情報と合わせて、状況把握のためにハガキを送付・手渡ししました。
③その他ニーズ把握
 ・ちびっこキャンプ参加者(3世帯)
 ・新規相談・問い合わせ(4世帯)
 ・継続相談(1世帯)

(2) 情報提供
①福島県からの自主避難に関する問い合わせ(4世帯)
発達障害をもつお子さんの家庭、これから妊娠を希望する方、先天性障害児をもつ家庭、といままでの問い合わせより、より専門的な機関への紹介を必要とする事例であることが特徴です。
8月にあった問い合わせのうち1世帯は栃木県内に自主避難されました。
②アンケート対象者のうち、栃木などへの避難希望者4名に避難(民間借り上げ)にかかわる情報提供を行いました。
③栃木県西部に自主避難されてきている方には、県の民間住宅借上げ制度について情報提供し申請条件について
県にこちらから再確認し、再度申請を行い認められました。
④他県において法律的・心理的サポートが必要な相談に対応し、専門的な機関を紹介しました(1世帯)
⑤事務局がアンケート対象者に発送した情報提供に協力しました。

(3) 物品提供     
①Burts Beesシャンプー・石鹸・ハンドクリーム・リップクリーム
(@ちびっこキャンプ、Burts Bees 提供 to FnnnnP Jr.)
②おもちゃ、子供服、食器(@ちびっこキャンプ、スタッフ&ボランティア提供)
③マスク(@ちびっこキャンプ、ユニチャーム提供)
④福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト新潟チームへ母乳パット、マスク提供(ユニチャーム提供)

(4) 情報交換
①平成23年9月17日~19日、東京外国語大学舩田研究室にて他拠点との会議に参加しました。
②平成23年9月28日、福島県郡山市において、うつくしまNPOネットワークと未就学児童を持つご家族への避難に係る実態調査の結果をもとに今後の対応について協議しました。

(5) イベント
平成23年10月22日~23日、栃木市都賀町にて、避難されてきている方々の交流キャンプを開催し、3世帯13人(1歳から6歳までの乳幼児7人含む)のご家族の参加をえました。
(FnnnP主催、FnnnP Jr. 企画、FSP協力、宇都宮大学峰が丘ファンド助成)

学生ボランティア6名、宇都宮大学国際学部教職員3名、FnnnPスタッフ1名、地元の子ども2名の参加のもと、
・子どもたちは学生ボランティア(保育士有資格者含む)とのびのびと遊び
(22日は、エンジェルラインさんご協力)
・地元都賀の農家さんが提供してくれたハウストマトとキュウリ、学生ボランティア&スタッフによる手づくりカレー、サンドイッチ、トン汁、おにぎりなどをふるまい、
・教職員は、大人たちから事故発生当時の状況や現在の避難生活等、貴重なお話を伺いました。

(6)アドボカシー
9月初旬に栃木県県央に避難されてきている方と地元町議会議員との懇談が行われましたが、その結果、町として避難者の現況調査が行なわれました。


FSP事務局長、栃木拠点長 阪本
FSPコーディネーター  上村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。