福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】群馬拠点(10月)

群馬拠点の活動(10月)について報告致します。

(1)避難者と面談
・前橋市1世帯
・高崎市1世帯
計2世帯

(2)依頼による放射線測定
・1件

(3)情報交換・打ち合わせ
・避難者のための損害賠償説明会・個別相談会を企画。原子力損害群馬弁護団の弁護士と打ち合わせを行った。
・講演会「放射線と子どもの健康」、ワークショップ「避難者報告会」を企画。子ども連れの方も、安心して参加できるよう託児室を設置する予定。学生ボランティアと打ち合わせを行った。

(4)物品提供
・冬用かけ布団2枚、マット3枚、暖房器具3台、子供服、おもちゃ、消耗品等の寄付があった。避難者の方に、メールでお知らせしたところ、4名から必要との申し出があり、これらを提供した。

群馬拠点 西村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。