福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■福島の子ども保養プロジェクト(保養情報)

福島県生活協同組合連合会では、下記のように保養プロジェクトを実施します。
関心のある方は、直接お申込みください。

==================================================

主催: 福島大学災害復興研究所・福島連携復興センター
    福島県生活協同組合連合会

福島県生協連では、福島の子ども保養プロジェクトを進めています。
これは、子どもの健康被害の不安を抱えながら暮らす保護者のニーズを把握し、
支援することを目的としています。具体的には、子どもたちの被ばく積算量を
心配する保護者の気持ちに応えるために週末保養を実施致します。

保養施設の環境放射線の数値は0.02マイクロシーベルトと低く、南会津の
秘湯でゆっくりと日頃の疲れモードを癒し心も体もリフレッシュしてください。

bg00002.jpg



出発日 : 平成23年12月10日(土) 1泊2日
保養施設: 南会津 小豆温泉「花木の宿」
出発地:  郡山駅西口観光バス乗り場・新白河駅前
参加費:  無料
募集人員: 乳幼児・保護者親子20組(応募多数の場合抽選となります)
申込方法: 申込用紙に必要事項をすべて記入の上、県生協連へFAXしてください
申込締切: 平成23年12月5日(月)午前中

お問い合わせ・申し込み: 福島県生活協同組合連合会 
             TEL 024-522-5334
             FAX 024-522-2295
協力団体:日本生活協同組合連合会
     公益財団法人 日本ユニセフ協会

      
       
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。