福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■北京からのメッセージ(Action Mom China)

国境を越えて、当プロジェクトを通じエールを送ってくださっている方々がいらっしゃいます。
今回はそんな方々のご紹介です。

:::
Action Mom China
http://momchina.jugem.jp/

「海外にいる我々も、東日本大震災の被災者と共に」

2011年3月11日におこった東北関東大震災を支援するために、北京在住の子育てをする母親が自分たちにできることから行動(アクション)を起こそうと立ち上げたプロジェクトです。まずは、日本人が心を一つにして、支援の輪を外国でも広げていきたいと 思います。

チャリティイベントや、その他北京で開催される現地の人向けのイベントにも参加し、手作りの商品や、フリーマーケットなどを通して集めた寄付を被災地に送っています。
たくさんのママとこどもの笑顔の手助けが少しでもできますように・・・。

まだ北京だけの小さなプロジェクトですが海外に住むたくさんの地域のママさんたちも参加できるプロジェクトになると素敵だなと思っております。

Action Mom China
生田まなみ

:::

先日も、下記のメッセージとともに、現地で行ったチャリティーイベントの売り上げを当プロジェクトにご寄付くださいました。

「(前略)今回の義援金は、以下の二つのイベントの収益より配分させて頂きました。
10月に北京のクリニックで催された乳がん予防啓発イベントにチャリティーブースを出展し、手作り手芸作品や子供向け余興などの収益で義援金を集めました。
11月に北京のレストランを会場に提供して頂き、手作り手芸作品の販売ならびに子供服と赤ちゃん用品のフリマを開催し、収益を義援金としました。

どちらのイベントでも、会場提供下さる企業様や、販売用の手作り作品をご提供下さる個人の方々、イベントにご来場頂き義援金をご寄付下さる皆様が被災地の復興と被災者の方の一日も早い安心した暮しを心より応援して下さいます。
また、震災から時間が経ち、社会の関心や報道での取り扱いが少なくなる中でも、北京で私達の活動を応援下さる方は、被災者の方に寄り添い、共に復興への道を歩みたいというお気持ちをお持ちです。
離れていても、共にいて応援しています。
最近のイベントで、好きなおやつを買うお小遣いを貯めて「募金したい」と、北京のイベント会場に来て下さったお子さんが印象に残りました。その温かい気持ちが貴プロジェクトを通して、子育てに奮闘されている福島のお母さん、お父さん方へ、どうか伝わりますように。」

Action Mom China の皆さま、本当にいつもありがとうございます。
どこに居ても、同じ思いを持つ市民同士がつながれば、新たな力が生まれると信じています!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。