福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■こひつじキャンプin山中湖(保養情報)

保養情報です。申し込みは直接下記までお願いします。

==========================

子どもたちを放射能から守る
第1回短期保養プログラム 「こひつじキャンプin山中湖」

福島県の方々を対象に、短期保養キャンプを実施します。雄大な富士山を望む山中湖センターで、のんびりしませんか?
冬の間、山中湖ではイルミネーションが灯されます。幻想的なイルミネーションときれいな星空が、きっと心を温めてくれるでしょう。

主催する「日本基督教団」は、1941
年に日本国内の33の教派が合同してできた教会です。このキャンプには、クリスチャンに限らずどなたでもご参加いただけますが、食前や出発などの前にはお祈りをしますのでご理解ください。(布教を目的とするものではありません)。
プログラム指導は、公益財団法人東京YMCAが行います。

【日時】2012年1月13日(金)~15日( 日)
【出発】13日16:00 会津放射能情報センター
  (会津若松市西栄町8―36 TEL: 080-6015-8036)
【解散】15日17:00 日本基督教団郡山教会
   (郡山市清水台2-6-4 TEL: 0249-22-1687)
【場所】東京YMCA 山中湖センター
  (山梨県南都留郡山中湖村平野419 TEL. 0555-65-7721)
*福島県郡山市から貸し切りバスで約5 時間です。
【費用】無料(※オプションプログラムは有料です)
【対象】福島県在住の親子(3歳~)15組30名
【申込み】12月20(火)までに、下記へお電話にて申込みください。
日本基督教団救援対策本部室 03―3205―6088(9:00 .17:00)
*その後、別紙の必要事項をファックス、メール等でお送りいただきます。

<東京YMCA山中湖センターは>
◇ 鉄筋で作られた宿泊棟で、2 段ベッドのお部屋を1家族~2家族で1 室ご利用いただきます。
◇ プログラム例:スケート、わかさぎ釣りなど
※ ファミリーでのご参加の場合、プログラムは選択自由です。選択せずにのんびり過ごしていただくこともできます。

【主催】日本基督教団
【共催】会津放射能情報センター、公益財団法人東京YMCA
http://tokyo.ymca.or.jp/news/days.php?no=331
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。