福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■とうきょうワクワクえんそく@こどもの城(1月14日開催)

■日時:2012年1月14日
■場所:東京都渋谷区 子供の城
■対象:首都圏に避難されている家族

<ご報告>
参加:2家族5名
スタッフ:学生ボラ3名、外部団体ボラ3名
※ニバルレキレ様、メンタルサポートネットワーク様ご協力ありがとうございました。

◎プログラム
 
お母様:ワークショップ
「今年の1歩、何からはじめる?」をテーマに、それぞれが抱える問題や心配事をまとめ
 解決に向け取り組めることについて、臨床心理士を交えてお話をしました。

 ※配布物 「生活手帳」「ほうしゃのうをやっつけろ大作戦!」「放射能を少なくする料理の下ごしらえ・家そうじ」
 
子ども:子どもの城の中で、ボランティアと一緒に思い切り遊びました。

少人数のため、じっくりとお話しする時間を持つことができました。

首都圏コーディネーター 堀ひとみ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。