福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■島根県邑南町で親子田舎暮らし体験(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

===========================

島根県邑南町で親子田舎暮らし体験(仮称)
ふみだす生活サポートセンターを運営するふくしま連携復興センターが取りまとめ団
体となって実施する予定です。

期間: 2012年3月24日(土)~3月31日(土)
場所: 島根県邑南町
対象: 福島県内で福島原発事故による放射線の影響の不安の高い地域に居住する中
学生以下の子ども及びその保護者(高校生は保護者として参加可)
定員: 子ども15名、大人15名まで(各10名以上で実施)
費用: 子ども1名23,300円 付き添いの保護者1名無料
    滞在中の滞在費(宿泊費・3食)は無料
    仙台空港まで/からの交通費および現地での自己都合による観光や外食等は
自己負担。
    出雲空港から/までは現地受入団体が送迎
主催: しまね田舎ツーリズム推進協議会
    【取りまとめ団体】一般社団法人ふくしま連携復興センター
    【現地受入団体】邑南町田舎ツーリズム推進研究会
問い合わせ&申し込み:
    ふくしま連携復興センター(水嶋)
    TEL: 024-573-2732 FAX:024-573-2733
Email:fukushimarenpuku@gmail.com

プログラムについて
●島根県が実施する「しまね田舎ツーリズム」は、農家や空き家等に宿泊し、地元の
人たちとの交流や豊かな自然とのふれあいを通じて、ゆったりのんびり田舎暮らしを
体験するプログラムです。
●受け入れ団体の邑南町田舎ツーリズム推進研究会は、農家民泊、農家民宿、田舎体
験を実施する住民の皆さんを主体に行政の協力のもとに活動する団体です。
●宿泊は、滞在期間の前半と後半で異なる施設となります。食事は、施設の方と一緒
に調理していただき、滞在費(宿泊、3食)は無料です。
●世界遺産の石見銀山、厳島神社、原爆ドームなどへの観光も可能です。参加者自身
が計画した観光旅行にかかる費用や外食等は自己負担となります。
●航空運賃大人60,000円、子ども53,300円のところ、島根県より大人60,000円、子ど
も30,000円が助成されるため、個人負担分が子ども23,300円となります。助成分は本来、個
人宛てに支給されるものですが、団体旅行扱いで飛行機チケットを予約するため、取
りまとめ団体である一般社団法人ふくしま連携復興センターがいったん立て替えます
ので、助成分をふくしま連携復興センターが代理で受領するための委任状を提出して
いただきます。
●出発地である仙台空港までの交通費はご負担ください。出雲空港から邑南町までは
受け入れ団体が送迎します。
●申込みは電話またはFAXにて仮申込み後、3月13日までに自己負担分の23,300円をふ
くしま連携復興センターへ現金でお支払いただくとともに代理受領委任状をご提出く
ださい。来所の際、印鑑と現住所が確認できる書類をお持ちください(助成金の申請
に必要となります)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。