福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】栃木拠点(2月)

FSP, Fnnnp, FnnnpJrとして以下の活動を行いました。

1. ニーズ把握・対応(FSP, Fnnnp栃木拠点)
(あ)福島県内から栃木県に避難を希望する新たな問い合わせ1件に関して公的住宅・住環境・医療状況などに関する情報提供を行いました。また、本件を含めて2012年になってからの避難希望者に、栃木県内にすでに避難していらっしゃる2家族が、本プロジェクトの依頼に対して、快く情報提供してくださっていました。
(い)これまでコンタクトのある方からのご相談などにも応じ、一部の方の状況の確認もできました。
(う)3月17日のお茶会について(各ブログ内の案内リンク...)、とちぎ暮らし応援会のご協力により栃木県に避難していらっしゃる全避難世帯に送付して頂き、とちぎテレビでも広報し、本プロジェクトでコンタクトのある栃木県に避難していらっしゃるご家族26名に郵送・メールにてご案内をしました。

2. 「とちぎ暮らし応援会避難者交流集会のふりかえり報告会、全体会議」への参加
1月22日(日)に開催されたとちぎ暮らし応援会避難者交流集会のふりかえり報告会、全体会議が2月9日(木)に行われ、参加しました。そこで、今後の栃木県内での支援の在り方について他の避難者支援団体と意見交換をしました。

3. 福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト記者会見及び2011年度報告「原発事故後の福島乳幼児・妊産婦の今、これから」の準備、開催
2月20日(月)にうつくしまNPOネットワークと協働して行った原発事故後の「避難」についてのアンケート調査結果について記者会見を、当プロジェクトの2011年度報告会をそれぞれ宇都宮大学にて行いました。記者会見、報告会、アンケートの詳細については以下のページをご覧下さい。
CMPSアンケートhttp://cmps.utsunomiya-u.ac.jp/news/120220fsp.html
各ブログのFnnnP・FSPの報告会、記者会見のページなどの報告のページ)

4. 国際環境NGOグリーンピースジャパンの実施する「みんなの健康アンケート」にFnnnP栃木拠点として協力
原発事故被災者(自主避難者、福島県内在住者を含む)への健康についてのアンケート調査に協力し、当プロジェクトで把握している避難者の25名の方へ郵送またはメールでアンケートを送付しました。アンケートへの協力については、以下のページにて詳細をご覧下さい。http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-213.html
5. 「原発事故被害者支援法」院内集会発表&参加
2012年2月29日、阪本公美子(FnnnP副代表・栃木拠点長、FSP事務局長)と西村淑子(群馬拠点長)が、FnnnPも協力をしている「原発事故被害者支援法」院内集会に参加しました。阪本は、うつくしまNPOネットワークとFSP&FnnnPが共同で行った福島県内の未就学児に対するアンケート結果も発表しました。詳細については、以下のページをごらんください。http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-215.html

6. 「ふくしまママ茶会」参加
平成24年2月4日、新潟市で開催された福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト新潟チーム、ふくしまママ茶会に本学教員田口卓臣、清水奈名子が参加しました。

インターン 田中
コーディネーター 上村
FSP事務局長、FnnnP栃木拠点長阪本
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。