福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】茨城拠点(1-2月)

2012年1~2月の茨城拠点における活動を報告いたします。

【2012年1月 活動報告】
1. ニーズ聞き取り
・自宅訪問にてニーズ聞き取り(1家族、1月7日: 原口)
・茨城キリスト教大学にてニーズ聞き取り(1家族、1月10日: 渋谷・礒山)  

2. 拠点会議の開催 (FnnnP茨城チーム)1月16日(水戸市内)
今年度の活動の振り返りと来年度4月以降の活動方針などについて検討を開始しました。また12月に茨城大学にて開催した、「損害賠償説明会」のフォローアップを行いました。
参加者:茨城大学教員(1人)、ホープいばらき(3人)、法テラス茨城・和田弁護士(1人)

3. コモンズ・ホープいばらき主催「あったか物資配布会」(日立市)スタッフ参加

1月29日に日立市にて開催された「あったか物資配布会」にFnnnP茨城チームも共催団体として参加し、ボランティア・スタッフとして交流スペースの運営や物資配布のお手伝いをしました。参加世帯182。茶話会でお会いしたママ・ご家族と再会できました。
参加者:ホープいばらき(主催)、茨城大学教員(1人)、茨城大学学生ボランティア(9人)、法テラス茨城・弁護士(2人)

4.物資の提供
電子レンジと子ども服をひたちなか市在住のご家族に提供しました(1月9日)。
調布市の土井さまからご提供のあったホットカーペットとドライヤーを、茶話会参加者でご希望の方(8家族)に手渡し、郵送にてお渡ししました。

5. FnnnP通信(ニュースレター)の発行
福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトのニュースレター第1号が発刊され、寄稿しました。

6. 「茨城大学地域総合研究所年報」へのプロジェクト活動報告寄稿

7.今後の活動企画・準備
チェルノブイリ・シンポ企画準備検討会(1月26日、ホープいばらき事務局)
2月19日震災ワークショップの開催準備
2月~3月のママカフェ/茶話会開催への準備
  

【2012年2月 活動報告】

1. 拠点会議の開催 (FnnnP茨城チーム)2月9日(ホープいばらき事務局)
2月、3月の企画打ち合わせと来年度4月以降の活動方針について検討しました。
参加者:ホープいばらき(3人)、茨城キリスト教大学教員(2人)、茨城大学教員(1人)、

2. 震災ワークショップ「東日本大震災から1年を経る~今だからこそ、ともに語ろう」

2012年2月18日(土)13:00~14:50  茨城キリスト教大学
講師:岩間 直氏(JA秋田厚生連 平鹿総合病院 日本DMAT隊員 統括DMAT資格)
「阪神淡路から東日本大震災へ。何ができて何ができなかったのか?」
講演者:川又 啓蔵 氏( (株)鹿島印刷所代表取締役 )
「体験者が語る避難者・被災をした子どもたち」
ワークショップのあと講師・講演者・参加者にて交流会をもちました。
共催:FnnnP茨城チーム/茨城キリスト教大学看護学部
後援:(社)茨城県看護協会 協力:日本助産師会茨城県支部 
支援:(公財)笹川記念保健協力財団
 ⇒新聞報道されました「災害医療考える~茨城キリスト教大学ワークショップ」『茨城新聞』2012年2月22日

3. コモンズ・ホープいばらき主催「あったか物資配布会」(つくば市)スタッフ参加
2月19日につくば市にて開催された「あったか物資配布会」にFnnnP茨城チームも共催団体として参加し、ボランティア・スタッフとして交流スペースの運営や物資配布のお手伝いをしました。参加世帯240と大盛況でした。
参加者:ホープいばらき(主催)、茨城大学教員(1人)、茨城大学学生ボランティア(7人)、法テラス弁護士5人
  ⇒新聞報道されました「避難者にあったか物資」『毎日新聞』2012年2月20日

4. 茶話会の開催【第7回 in 水戸】
日時:2012年2月20日(月) 13:30~16:00
場所:茨城県立青少年会館 第1・2中和室 
10月の茶話会に参加してくださった方一組のご参加でした。他に申し込み頂いていた方も仕事の都合・感染症のためご欠席と、残念でした。
参加者:福島避難者(1組:いわき市)、茨城大学教員(1人)、茨城大学学生(12人)、ホープいばらき(2人)、茨城キリスト教大学教員(2人)、茨城県弁護士会・弁護士(2人)
  
5. ピア・サポート活動支援

・つくばのママカフェに参加された避難ママと地元ママ(えほんでスマイル・アゲイン代表)がつながった「ルピナスの会」の活動助成申請に推薦状をお書きしました(原口)。
・日立の茶話会に参加された方が立ち上げた「被災者ママの会」(仮)の活動を陰ながら支援しています。

6. ママカフェ/茶話会開催への準備

・「あったか物資配布会」リーダー打ち合わせ(2月16日、ホープいばらき事務局)
・チェルノブイリ・シンポ企画検討会(2月6日、ホープいばらき事務局)
・キッズ・プログラムの企画 by学生ボランティアチーム(FnnnP Jr.-I.)
・住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム2012への助成申請(FnnnPJr.-I)


茨城拠点 原口
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。