福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■横浜市内に避難中のご家族の支援のため、色々な機関の協力を得ています

現在、横浜市内に避難中の福島からの乳幼児のいる5家族のニーズに対応中です。
特に、これらのご家族が今月中に避難所からアパートに移られるのを受けて、引越しや家財道具を揃えるために奔走中です。以下が、現在協力してくださっている機関や団体です。皆さん、ありがとうございます。

○Yokohama International SchoolのPTAの皆さん
○金沢工業大学未来デザイン研究所の皆さん
○外大東北復興支援隊(東京外国語大学学生ボランティアサークル)の皆さん
○WE21 Japanの皆さん

近々、引越し業者のお手伝いも開始の予定となっております。
この点も、詳細がはっきりしたらお伝えします。

皆さんのご協力、ありがとうございます。
引き続き、物品や寄付等のご協力お願いいたします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。