福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■4/21 健康レク・相談会、自主避難賠償フォローアップの報告

■日時:2012年4月21日(土)
■場所:東京都渋谷区 東京ウィメンズプラザ&子どもの城
■対象:首都圏に避難されているご家族

<ご報告>
参加:9家族23名
スタッフ:学生ボラ7名、外部団体、個人ボラ7名、拠点スタッフ4名
※ニバルレキレ様、NPO法人メンタルサポートネットワーク様ご協力ありがとうございました。
※NPO法人難民を助ける会様より、ぬいぐるみと絵本のご提供をいただきました。

まず、グリーンピースジャパンの鈴木かずえさん
1300人が参加した「みんなの健康アンケート」の結果報告をいただきました。
詳細は↓からもご覧いただけます。
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20120322_result.pdf

続いて、心療内科医師よりお話をいただきました。
今年1月から山田真先生が立ち上げた全国小児科ネットワーク協力の「子ども健康相談会」に参加していらっしゃるので、お母様方の声をきいて 母としての視点からの 思いをお話いただきました。
・放射能の危険性は、分からないからこそ分かち合い内部被ばくや環境に気を付けつつ、その分からなさと付き合い続けること。
・正しい意見が通らず諦めてしまうという悪循環が生まれているが、強い意志で危ないことは危ない、心配なことは心配だと声をあげ続けていくことが大切。
・避難してきたことを子どもたちのことなどを思って自分自身を非難してしまう人も多くいるが、この決断は正しかったと思える日が必ずくるので、こちらでネットワークを作りながら支えあいましょう。
・福島にまだいる人たちには少しの期間でも保養することをすすめます。
等々のアドバイスとともに今の福島の様子をお話いただきました。

その後講師方々、鈴木かずえさん、SAFLAN尾谷弁護士と心療内科医師を囲み座談会を開催。
※この間臨床心理士、精神保健福祉士によるカウンセリング相談を実施し
子どもたちは、隣接する子どもの城で保育ボランティアと楽しい時間を過ごしました。
保育ボランティアの皆さん、ありがとうございました。
首都圏コーディネーター 堀ひとみ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。