福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■募金や企業からの協力の現状報告

現在、募金を呼び掛けております。
現在の募金の集まり状況ですが、呼びかけてから約1週間で11名二十万円となっています。迅速にご協力くださった皆さま、本当にありがとうございます。

募金は引き続き呼び掛けています。目標額目標は百万円で、来月中に何とか残りを集めたいと考えています。
福島県内、新潟県内での活動ももうすぐ開始します。両県にはたくさんの避難ご家族がいらっしゃり、かなりの対応が必要になりそうです。また、小学校や中学校に通うお兄ちゃん、お姉ちゃんを持つご家庭は、長期避難(疎開)の前に下見を希望されることも多く、その移動費の資金がかさみそうな気配になってきました。お願いばかりで申し訳ございませんが、どうぞよろしくご協力ください。

なお、引越しのサポートについては、引越し業者の協力(半額)が得られつつあります。ご家族の困窮状態によっては、半額の一部のサポートができないか検討中ですが、まだ助成金も寄付も十分ではないので踏み切れない状態です。

企業からのご協力については、姉妹団体である「福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト」にソフトバンク社から15台の携帯電話をご提供いただいています。内4台を本プロジェクトに提供いただいております。この場を借りて御礼申し上げます。

寄付についての詳細:
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-22.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。