福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■チェルノブイリ法の立役者 アレクサンドル・ヴェリキン氏来日東京講演会

国際環境NGO FoE Japanでは、チェルノブイリ法の制定の立役者であった、チェルノブイリ同盟のアレクサンドル・ヴェリキン氏を招き、下記講演会を開催します。

【東京・綾瀬講演会】
5 月 20 日(日) 14:00~16:30 参加費: 700 円
足立区勤労福祉会館第1ホール (綾瀬駅西口綾瀬プルミエ内)

【院内集会】 ※綾瀬での講演会のダイジェスト版になります
5月17日(木)17:00~18:30  参加費:  700  円
衆議院第二議員会館 多目的会議室(最寄駅:東京メトロ永田町、国会議事堂前)

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)と共同主催。

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクトも協力団体として参加します。

◆問い合わせ先:
国際環境NGO FoE Japan 担当:渡辺 
Tel: 03-6907-7217(平日10:00~20:00) Fax: 03-6907-7219 090-6142-1807(満田)

詳細は、下記の画像をクリックして、リンクからご確認ください。


放射能とどう向き合うか ~被ばく回避の戦略とは~
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。