福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■ママの声 第5弾

今回は、今までとは異なり、イベント時に頂いた避難者の皆さまのご意見だけではありません。
本プロジェクトに届く物資へのお礼や日々変わる避難者ご家族をとりまく状況に対するお話しなど、様々な視点から避難ママ達の声をご紹介します。




【ふくしまママパパ茶会@栃木(2012年3月17日開催)】

・とても楽しく過ごすことができ、感謝です。ありがとうございました。

【とうきょうワクワクえんそく@東京ウィメンズプラザ+こどもの城@首都圏(2012年3月24日開催)】
活動報告:http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-category-7.html


・大変ためになるお話でした。これからも続けていただきたいです。
・東京電力への請求方法を知ることができ良かったです。
・電車が混んでいて、子供も大変でもありましたが、参加して本当に良かったです。勉強になりました。本当にありがとうございました。
・いつも有意義な会合を開いていただき感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。
・同じ状況の皆さんにお会いでき、お話を伺えて考える余裕ができました。
・知り合いにレクチャーの話をしたところすごい反響で、次回似たようなレクチャーがあるなら是非参加したいという方が何人もいました。今回いただいたような、有益な情報は皆で共有したいと思っています。

【物資支援に対する感謝の声@首都圏(2012年3月実施)】

・昨日、おむつが届きました。たくさん入っていてとても驚きました 毎日使うものですので本当に助かります。どうもありがとうございます。
・物資を支援していただきありがとうございます。大切に使わせていただきます。またいろいろな情報もありがとうございます。
・この度は支援物資を賜りありがとうございました。ようやく安定した場所に落ち着きました。私たちに協力できることがありましたら何なりとお申し付けくださればと思っております。このご縁を大切に今後ともさまざまな方とお知り合いになれればと思っております。

【高速道路無料化の中止や身体検査実施に関するママ声@茨城拠点(2012年3月受信)】


・書き足りない言葉や気持ちがありましたが、先日の署名を速達で、送りました。
(高速道路の無料化が中止されてしまえば、)家族と会う回数が減ったり、あきらめて離れて行く人が増えるでしょう。
高速道路の無料化が、ある意味私達には希望だったと思います。
・(被災地への)往復は毎週または定期的にしなければならないのに、国のやり方に不満が膨らむ一方です。
まだまだ必要としている人が沢山いることを、政府にどう訴えていったら良いのでしょうか。ひとりや二人ではどうにもなりません。

・子供や大人の検査が後回しにされています。毎日、家族の体を心配しながら生活する私たちは我慢し続けています。政府になかなか聞き入れてもらえず腹立たしさを覚える毎日でした。
県民の震災健康手帳などを発行してもらい、小さな体調の変化を記録できるようにし
て今後の健康管理に使えるようにしてもらいたい、生涯をかけて観察していく必要があると強く思います。

・検査を待つのもそろそろ限界を感じていましたが…始まると知り本当に良かったです

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。