福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■草津へ行こう!2012(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

=====================

草津へ行こう!2012
~栗生楽泉園でほっこりサマーキャンプ~
キャンプ概要
日時:2012年8月3日(金)~8月7日(火)(4泊5日)
場所:栗生楽泉園(群馬県吾妻郡草津町草津647)
対象:10才~15才(福島県在住の人)
参加費:無料

プログラム:
一日目[8/3(金)] 移動&レクリエーション
二日目[8/4(土)] 園内探検&交流会
三日目[8/5(日)] キャンプ(野反湖キャンプ場)&バーベキュー
四日目[8/6(月)] 草津観光&レクリエーション
五日目[8/7(火)] 移動
※遊び、学習指導に鳥取大学・高崎健康福祉大学・埼玉大学の学生があたります。

栗生楽泉園ってどんなとこ?
全国に13施設あるハンセン病療養所の一つ。療養所は長い間、ハンセン病患者を隔離するための施設であり続けてきたが、現在は地域社会に開かれた療養所として、様々な取組がなされている。広大な敷地には120人ほどのハンセン病回復者が暮らしていて、療養所内には病院、宿泊施設、温泉施設などを備えている。
主催:草津楽泉園とみちのくの子どもをつなぐ会
共催:群馬・ハンセン病裁判を支援しともに生きる会、栗生楽泉園自治会、みちのく応援隊
お問い合わせ:みちのく応援隊担当 山下(090-9335-7184)・枝廣(090-6199-8541)※平日の日中は電話がつながらない場合はありますが、履歴を見て必ずお返事いたします。
メール:michinoku0320@gmail.com
草津へ行こう!2012
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。