福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■みんないっしょ おともだちはここにいるよinさんだ(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

=====================

被災・避難した子どもたちを支えよう! ヒューマン・ビジョンリフレッシュプログラム2012 第3弾 プレ案内バージョン
みんないっしょ おともだちはここにいるよinさんだ
福島の子どもたちを神戸市近郊の田園都市、三田市に迎える6日間の一時保養プログラムです。会期中はNPOスタッフをはじめ地元住民、小学生、アジア留学生、日本の学生がお世話します。
【会期】2012年8月3日(金)~8月8日(水)5泊6日(うち車中2泊)3日の夕方 福島出発・8日の朝 福島帰着

今年の夏休みは福島の子どもたちにたっぷり野外で遊んでほしい…兵庫県の子どもたちとの交流をつうじて、お友だちをいっぱいつくってほしい…そんな願いをこめ、私たちは、福島の子どもたちの一時保養プロジェクト、「みんないっしょ おともだちがここにいるよinさんだ」を開催します。三田市の地域コミュニティ推進スペース「学園小学校区 県民交流広場」で、自然に囲まれた休日を過ごしましょう!
主催団体の私たち、NPO法人ヒューマン・ビジョンの会は、阪神・淡路大震災の被災者を中心に神戸で設立され、今年で16年目をむかえます。「あいさつをしよう」「席をゆずろう」「困った人には声をかけよう」を行動目標に、「人にやさしい社会」を神戸のまちから全国に発信するために活動してきました。神戸に来たアジアの留学生と日本の学生・市民との多文化交流合宿「アジアハウス」は、今年で10年目をむかえました。

*詳しいプログラムは6月10日ごろ決定します。ご参加を検討されている方、お気軽にお問合せください。
【参加費】お一人あたり1万5千円(往復の交通費<貸し切りバス>、宿泊費、会期中の食事代、交流プログラム参加費、傷害保険加入費を含みます。温泉施設入浴料、自由行動中の食事代、入場料等は含みません)
【参加対象者】福島県内の小学校4~6年生15名程度(ご家族の方が同伴の場合も参加費が必要です。なお小学校低学年以下の方は、必ず保護者の方が同伴ください)
【連携事業】当団体が2003年から企画主催する、アジア各国の留学生と日本の大学生・市民の交流合宿、「第10回アジアハウス夏期交流セミナー」を同時期同会場にて開催し、参加者同士の交流をはかります。
【お問い合わせ先】090(8651)5742 konogoro@msb.biglobe.ne.jp  NPO法人ヒューマン・ビジョンの会(事務局 村岡)

主催:人にやさしい社会を神戸のまちから~NPO法人ヒューマン・ビジョンの会(神戸市中央区)http://blog.livedoor.jp/human_vision/
協力:学園小学校区 県民交流広場(三田市立学園小学校内)/協賛:インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
みんないっしょおともだちがここにいるよINさんだ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。