福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】群馬拠点(5月)

群馬拠点の活動(5月)について報告致します。

(1) シンポジウムの準備・実施
「私たちは、福島にどう向き合うべきか ~過去から現在、未来を学ぶ~」
シンポジウム開催日時:2012年5月21日(月)13:00~17:00
会場:群馬県前橋市荒牧町4-2 群馬大学荒牧キャンパス(ミューズホール)

(2) 避難者アンケート・聞き取り調査の準備
6月より実施予定(群馬大学地域貢献事業)

(3) 避難者交流会&学習支援の開催
日時:5月11日(金)18:30~21:00
場所:前橋市元総社公民館
参加者:避難者大人3名(宮城県から1名)、子ども5名(宮城県から1名)
    学生ボラ5名、教員1名

未就学児童の参加は1名。小学生以上の子ども4名に対しては、学生ボラが、学習支援を行いました。無料の塾のように学習支援を行うというのは、学生たちのアイデアで始まりました。子どもたちが勉強している間、隣の部屋で、お母さんたちから聞き取りを行いました。

次回、6月23日開催予定。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。