福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■東本願寺保養プランIN北海道登別(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

(7月18日追記、下記の募集は締切ました)

================================================================

 真言大谷派による被災者支援事業の一環として、北海道の関係学校施設などを利用し、福島の子どもたちが様々な人と交流したり保養したりすることを目的としています。
 登別温泉までの往復の交通手段、宿泊施設、食事が主催者において用意された内容となっております。
 滞在期間中の過ごし方は、各申込み団体によって計画されますが、プログラム実施に伴う責任については、各申込み団体の引率責任者に負担いただくことになります。

【対象】福島県内の放射線量の高い地域に住む、高校生以下の児童で構成される団体。
    (スポーツ少年団、スポーツクラブ、子ども会など)
【実施期間】
第1期 大洗港発着 2012年7月23日(月)~7月30日(月)
第2期 仙台港発着 2012年7月28日(土)~8月5日(日)
第3期 仙台港発着 2012年8月 5日(土)~8月12日(日)
第4期 仙台港発着 2012年8月18日(土)~8がつ26日(日)

【定員】各期ともに1団体、40名の定員。内訳には、引率される大人の人数も含まれます。

【開催場所】登別大谷高等学校(http://www2.ocn.ne.jp/~nohtani/)
 〒059-0023 北海道登別市桜木町2丁目1番地 TEL:0143-85-2970 FAX:0143-85-2863
 ≪宿泊≫ 登別温泉「ホテルゆもと登別」(http://www.yumoto-noboribetu.com/)
      住所:登別市登別温泉町29番地 TEL:0143-84-2277 FAX:0143-84-3988

【参加費】1名:3000円
【費用負担】交通手段(大洗港・仙台港⇔登別大谷高校)、登別大谷高校の施設利用、宿泊場所、日程中の食事、保険は、主催者において用意いたします。その他の雑費(自宅から港までの移動にかかる経費等)は、各自で負担いただくことになります。

【募集締切】2012年6月29日 先着順にて受付し、定員に達し次第、締め切り。
まずは、申し込みについて、以下に問い合わせください。資料を送信させていただきます。
  真言大谷派宗教所 青少幼年センター
  〒600-8168 京都市下京区室町通六条下る八百屋町273
TEL:075-354-3440 FAX:075-351-9599 URL: http://www.higashihonganji.or.jp
Email: oyc@higashihonganji.or.jp

※電話でのお問い合わせ、確認については平日の午前9時から午後4時30分までの間にお願いします。
※夜間、土・日曜日のメールでの問い合わせについては、返信に時間を要しますことをご了解ください。


-------------------------------------------------
福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクトブログより転記
http://sicpmf.blog55.fc2.com/blog-entry-291.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。