福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■新潟県内での活動開始準備中

今週末(6月4日)、新潟県内での活動を開始すべく、新潟で準備を行ってきました。
いよいよ、福島から最も多い数のお母さんたちが避難中の新潟での活動が開始します。
最初の2週間は、地元大学や地方行政機関、市民団体と調整を行い、本格的なニーズ調査を月の後半から
実施します。

もし、このブログを見てらっしゃる新潟に避難中のお母さんがいらしたら、是非ご一報ください。
まずは、お話をお伺いできればと考えています。

また、新潟でお母さんたちのサポートを既にしてらっしゃる団体の方がいらしたらご連絡ください。
一緒に協力ができればと思います。


代表 舩田クラーセンさやか
fukushimaneeds<@>gmail.com
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

母子で新潟市に避難してきました。

先週福島県から自主避難してきました。
新潟には知り合いも親戚もなく不安です。
福島県から避難されているママ達と交流できたり、イベントなどに参加させて頂けたらと思いメールしました。
よろしくお願いします。

美加 | URL | 2011-08-28(Sun)15:20 [編集]


Re: 母子で新潟市に避難してきました。

> 先週福島県から自主避難してきました。
> 新潟には知り合いも親戚もなく不安です。
> 福島県から避難されているママ達と交流できたり、イベントなどに参加させて頂けたらと思いメールしました。
> よろしくお願いします。

ご連絡ありがとうございました。コメントボックスにはいっていたため、ご連絡が遅くなり申し訳ございませんでした。既に、新潟拠点にご連絡いただいているでしょうか?連絡先を以下の通りお送りいたします。お茶会なども予定していますので、是非ご参加ください!また、お母さんたち用のメーリングリストなども開設していますので、是非お問い合わせくださいませ。

宇都宮大学国際学部高橋若菜研究室
Tel&Fax: 028-649-5174(不在の際はメッセージをお残しください)
携帯電話: 090-1712-6404
メール: fukushimamothers@gmail.com

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト(事務局:東京外国語大学舩田クラーセン研究室)。お問い合わせは、fukushimaneeds(@)gmail.comまでお願いします。 | URL | 2011-09-16(Fri)17:29 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012-03-15(Thu)17:50 [編集]


Re: はじめまして

> はじめまして。濱松といいます。現在福島のいわき市にいます。子供が5歳と3歳で、放射能が心配ですが避難できずにいます。いろいろなことを悩みこのホームページをみつけました。何か子供と一緒に参加できる行事があれば参加したいとおもいます

松さま。代表の舩田クラーセンです。こちらこそ、はじめまして。勇気を出してコメントを寄せてくださり、ありがとうございました。いわき出身のご家族の支援も何件かしております。いわき出身の学生も手伝ってくれています。まずはお話だけでもお聞きすることが可能ですので、どうぞ団体メールアドレスまでご連絡ください。fukushimaneeds@gmail.com やはり小さい子供を子育て中のスタッフから、折り返しメールしたり、お電話することが可能です。「子は宝」。何も遠慮することはありません。皆で一緒に守っていきましょう!舩田クラーセンさやか

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト(事務局:東京外国語大学舩田クラーセン研究室)。お問い合わせは、fukushimaneeds(@)gmail.comまでお願いします。 | URL | 2012-03-15(Thu)23:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。