福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■第8回とうきょうワクワクえんそく「離れていてもいつもいっしょ!」のご報告

■場所:東京都渋谷区 東京ウィメンズプラザ&子どもの城
■対象:首都圏に避難されているご家族

<ご報告>
参加:4家族9名(子ども4名)
スタッフ:学生ボラ11名、拠点スタッフ3名
ニバルレキレ様、早稲田大学ボランティアセンター様、ご協力いただきありがとうございました。


1部:「被災者支援法」フォローアップ SAFLAN大城弁護士
前回に続くフォローアップとして、避難者支援法は「避難する権利」を認めた画期的なものであること
また具体的な法律の中身をこれから決めていくためにも、生活の様々な局面で生じている問題について
声を出して伝えることの重要性をお話いただきました。

2部:「わかち合い」ワークショップ ニバルレキレ 小山えりこ代表
何を話しても良い、他の人は口を開いてはいけない、内容はこの時限りのものとするというシンプルなルールの中
スタッフも参加し11名で開催しました。
涙あり、笑いありのひと時を過ごすと、不思議に落ち着き、すっきりとした気持ちになっていました。
「わかち合い」に関心のある方は、ニバルレキレさん(http://www.ngibalulekile.org/)まで。

3部:スカイプ、tango、LINEを使ってみよう FnnnP 学生スタッフ
顔のみえるコミュニケーションツールを上手に使い、遠くのパパや家族といつも会えるように!
そんな学生の気持ちからレクチャーを開催しました。
PC4台を使い、インストール方法から、実際にTV電話(宇都宮大学FnnnPJr.の学生ボランティアとお話)までを体験しました。アフターフォローもしてゆく予定です。

参加者の方には、夏休み保養情報一覧と、寄附で寄せられた子ども服を配布しました。
また、ニバルレキレ小山さんによる、カウンセリングも個別に開催しました。
ご協力いただきました皆さまにはこころより感謝申し上げます。

次回は、9月29日(土)の開催を予定しています。
引き続きの支援をどうぞよろしくお願いいたします。

首都圏コーディネーター:堀ひとみ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。