福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■牧場のくらし夢キャンプ(保養情報)

NPOインフォメーションセンター 猪苗代支店の小林です。
こんにちは。以前もご案内させていただきました、『牧場の暮らしキャンプinしまね』ですが、島根県の実施する「しまね田舎ツーリズム」の助成や、地域の団体や地域の市町村のサポートにより、参加費が『無料』 となりました!集合場所の仙台空港までの往復交通費のみで参加いただけます。

期間は【8月6日~10日】、対象は福島県在住の小学生3年生~中学生になります。
牧場での暮らし、体験してみませんか??

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○●○●○●○ 命によりそう牧場のくらし夢キャンプ

●○ ●○ ●○ ●○ ●○ いにしえの里いずも「さくらおろち」にて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.ryufo.com/shimane ━━━

被災地の子どもたちの心身の保養と成長を願い、
島根県雲南市でホースセラピーの牧場を運営する雲南TRCが、
「命によりそう牧場の暮らし 夢キャンプ』を実施します。

島根県の実施する「しまね田舎ツーリズム」の助成や、
地域の団体や地域の市町村のサポートにより、
交通費(仙台空港から現地の往復)や、食費、宿泊費、体験料など、
参加者の負担はありません。

キャンプは「命によりそう」ことをテーマに、
地元でホースセラピーの活動に取り組むNPOが実施します。
いちにちの始まりは、馬にえさをあげることから。
馬にえさをあげ、人もごはんを食べる。
小屋そうじや手入れをして、馬に乗る。牧場で遊ぶ。ゆっくり休む。
ゆたかな自然の中で、のびのび動く、体と心。
育み、育まれる、命によりそう牧場のくらしです。
古民家に泊まります。
食事は、里で採れるおいしい食材を使った料理です。
お風呂は、かけながしの温泉に入ります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日程】8月6日~10日 4泊5日

【対象】 福島県在住の小学生3年生~中学生

【参加費】 無料

(ただし航空チケットは立て替えて購入いただき、実施後に精算となります。)

【集合と解散】8/6 午前 仙台空港に集合  8/10 午後 仙台空港にて解散

【交通】スタッフの引率で飛行機に乗ります。仙台空港から伊丹経由で出雲空港。

【お申込み】 お名前とご連絡先をお知らせください。申込書をお渡しします。

(先着順にて受け付け。定員に達し次第、受付を〆切ます。)実施団体について

【お申込み・お問合せ】

でんわ 080-3381-1360(つぼい)

メール  infocontact★ryufo.com

(★を@に変えて送信してください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*実施団体

キャンプを実施する雲南TRCは、馬との関わりを通して学び成長する、
ホースセラピーに取り組んでいます。
「命によりそう牧場のくらしキャンプ」は様々な子供たちや親子を対象に、
この3年間で十数回実施している人気の定番プログラムです。
雲南TRCホームページ http://www.ryufo.com/shimane

*キャンプの支援について
参加者の航空運賃のいちぶは、島根県の実施する「しまね田舎ツーリズム」の助成を受けます。
また、地域団体や雲南市のサポートにより、交通費、宿泊費、食費、体験料等、参加者の負担はありません。

しまね田舎ツーリズム ホームページ
http://www.pref.shimane.lg.jp/shimanegurashi/inaka/
☆~ ☆~ ☆~ ☆~☆~ ☆~ ☆~ ☆~☆~ ☆~

いなわしろ牧場 ~きてくたされ~

スタッフ 小林幸恵
NPO法人インフォメーションセンター
猪苗代支店 事務局
〒969-3100
福島県耶麻郡猪苗代町字堤西6-3 晃ハイツ南棟
TEL:080-3887-8949
MAIL:k-sachie@ryufo.com
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。