福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】茨城拠点(6月)

2012年6月の茨城拠点の活動についてご報告します。

1.ニーズ聞き取り
・土浦市在住のママへのニーズ聞き取り

2.ニーズ対応
・臨床心理士によるカウンセリング(6/1@茨城大学)
・ユニチャームご寄贈の母乳パッドの提供2件(6/30@ママパパカフェin水戸)
・無料の法律相談3件(うち2件は、6/30@ママパパカフェin水戸)
・国際NGO難民を助ける会ご寄贈のぬいぐるみ、おもちゃ絵本、おもちゃカメラの提供(6/30@ママパパカフェin 水戸)

3.イベント
(1)2012年度第1回 ママパパカフェin水戸(七夕企画)
・日時:2012年6月30日(土)10:30~15:00
・場所:茨城県水戸市  ミオス赤塚ボランティア室
午前)親子で音楽遊び (協力 NPOリズムロード水戸)
午後)ママカフェ/パパカフェの開催
・参加者: 避難ご家族9世帯29名(大人15名、子ども14名)
     スタッフ 32名
■FnnnP茨城
 茨城大学(教員3、学生11)、茨城キリスト教大学(教員2、学生1)
 ホープいばらき(3名) 
■協力団体/ボランティア
 法テラスいばらき (弁護士1名)、NPOリズムロード水戸(3名)、茨城音楽専門学校 (保育士1名)、
 茨城青少年協会(1名)、保育スタッフ(1名)、地元ママ・子ども(3名)、スタッフ子ども(3名)
*ボランティア行事用保険加入
 
4.広報
(1)茨城拠点ブログにて適宜、情報発信 
(2)日総研「妊産婦と赤ちゃんケア」取材 本プロジェクトの活動紹介@茨城キリスト教大学(6/22)

5.ニーズに対応した関係団体との調整・情報収集 
(1)7/8 ママパパカフェ開催チラシの自治体への発送依頼と発送準備(つくば市、土浦市、
   かすみがうら市、石岡市、阿見町、牛久市)
(2)ひたちなか市へチラシ配布に関する依頼文書の発送(5月31日)
(3)土浦市交流会他チラシ配布に関する来庁依頼(6月19日)

6.学会報告
 日時:2012年6月2日(土)
    茨城県母性衛生学会学術集会にて本プロジェクト報告実施
 場所:茨城キリスト教大学

7.運営基盤
(1)「GO!GO!キッズ学習支援プロジェクト」(代表:茨城大学3年)

8.他団体との連携・協力
(1)NPO法人リズムロード水戸との打ち合わせ@茨城大学(6/15)
(2)「被災者ママの会」とのコラボ企画「メイク教室」準備打ち合わせ@茨城キリスト教大学(6/21)

■協力・連携した団体や機関
茨城大学地域総合研究所、茨城キリスト教大学看護学部、茨城NPOセンター・コモンズ ホープいばらき、法テラス茨城、茨城県災害他対策本部福島支援班、えほんでスマイル・アゲイン、被災者ママの会、NPOリズムロード水戸、茨城県看護協会、茨城県内の避難者・支援者ネットワーク「ふうあいねっと」、日本助産師会茨城県支部、N.Y. Make-up Academy

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。