福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■夏休み保養キャンプサポーター募集

避難者が立ち上げた交流団体が連開催する保養キャンプにて
プレイリーダー・子ども見守りスタッフ 荷物食材運搬・炊飯補助スタッフ
および 資金援助を募集しています。
問い合わせは、主催者へ直接お願いします。【首都圏 コーディネーター堀】
-------
第1回呼び寄せ保養
リフレッシュキャンプ@藤沢
(8月27日~29日)
宿泊先:神奈川県藤沢市「少年の森」内
宿泊研修施設「かわせみハウス」
http://f-mirai.jp/youth/sisetu/shonen/kawasemihouse.html 
-------
上記日程で「呼び寄せ保養」を実施します。
避難した家族が、福島に残る家族・親戚・友人などに声をかけて
共に過ごす保養です。
-------
現段階では、ほんとに場所を押さえてもらっただけの状況です。
夏休み終わりの時期ですが、協力していただけるスタッフを大募集しております。
また、できれば開催地である藤沢近辺、神奈川県内で、新たな人材発掘ではないですが、
協力していただける方をご紹介いただけると助かります。
もちろん事前準備の手伝いは自分たちの予定している保養でいっぱいいっぱいだけど、
当日の手伝いならできる、という方もウエルカムです。
キャンプ当日のプレイリーダー、子ども見守り、保育サポートスタッフ
食材等の荷物運搬、炊飯サポートスタッフなどの現地お手伝いから
これからの資金集め、日程計画、他諸々の手配などの準備からがっつり協力してくださる方
大募集しております。
------
本保養およびプロジェクトの賛同の方にはぜひプロジェクトサポーターになっていただき、
ボランティアスタッフの募集等を拡散していただければと思います。
今回の保養だけではなく、皆さんが実施している保養の様々な募集・声かけも
サポーター間でうまく回ればよいな~とも考えています。
保養実績をとりまとめ、行政などに報告していきましょう。
オフシーズンで良いから宿泊できる研修施設を提供してもらうとか
補助金の予算を取ってもらうとか、
実績報告に基づき、なにかしら行政や企業に支援を求めたいです。
除染ビジネスがウハウハで、行政は当事者の声に耳を傾けず、
保養キャンプは毎回カンパやボランティアスタッフ集めに奔走し奮闘、、、
なんだか納得がいかないのです。
こういったことも動いていきたいと思います。

問い合わせ先:
Kumiko. Kanno
kumicoco_little@yahoo.co.jp
もの×かたりfacebookページ
http://www.facebook.com/SwapPartyxChange
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。