福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■富山桐谷わくわくプログラム(保養情報)

保養のお知らせです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

=================

富山桐谷わくわくプログラム
http://blogs.yahoo.co.jp/toyama_save_fukushima_children

夏休み in 富山県八尾町桐谷
~ 夏のひと時を安心な自然環境の中で
     お子さんと一緒に過ごしませんか~
~富山桐谷わくわくプログラム~
 私たちは、東日本大震災被災者の夏期静養の受け入れを行います。実施場所は、富山市の秘境とも言える八尾町桐谷地区の民間施設(JR富山駅から車で40~50分)です。
私たちの願いは、「子供達が、豊かな大自然の中で思いっきり心と体をリラックスさせて元気を取り戻してほしい。」

1 主 催 :富山桐谷わくわくプログラム
   代表 本間 建実
2 後 援 :富山SAVEふくしまチルドレン(事務局長 川嶋) 東北AID(代表 川渕)
3 期 間 :8月1日(月)から26日(日)
長期短期を問いません出入りは自由です。気軽にお問い合わせください
5 受入人員:1日最大20名・6家族程度(4人部屋×2、2~3人部屋×4)
6 場 所 :富山市八尾町桐谷1777-2  アサヒ・ツイン・ドーム
7 申込について
(1) 参加資格:乳幼児から受け入れます。家族でご利用ください。
但し、子供達だけのご利用はできません。必ず保護者(親族)同伴ください。
(2)申込みは:随時、先着順で決めさせていただきます。
(3)申込先      富山SAVEふくしまチルドレン
            事務局長 川嶋 茂雄
事務局
〒932-0053 富山県小矢部市石動町1-43
携帯電話  090-6278-3981
TEL&FAX 050-2525-5631

e-mail toyama.save.fukushima.children@gmail.com
toyama_save_fukushima_children@yahoo.co.jp
「NPO 特定非営利活動団体 富山SAVEふくしまチルドレン」ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/toyama_save_fukushima_children

(4)申込方法
1. 希望の期間、人数(大人、子供別人員構成)をメール・電話・Fax等でご連絡ください。(代表者のご連絡先(住所・氏名・連絡のつきやすい電話・Fax)を忘れずにお知らせください。
2. 空きの状況を確認後、ご利用可能であれば利用申込用紙をお送りします。

8 費用 :建物全体を借り受け (6部屋ありますので1家族1部屋で同時6家族可能)
 (1)アサヒ・ツイン・ドーム 使用費:1家族1泊500円
 (2)食事:全て自炊です。
    地区の決まりに従って、ゴミだしをお願いします。必ず分別して出します。
 (3)その他の費用
    ・交通費は自己負担でお願いします。移動手段には自家用車が必要です。
9 現地には簡単なご相談に対応できるスタッフがおりますが、
滞在中の不慮の事故や病気・怪我の対処は自己責任でお願いします。
旅行保険等の利用をお勧めします。各自の保険で対応お願いします。
10 注意事項
滞在初日には、16時までアサヒツインドームに到着してください。退出は12時までに掃除・片づけをお願いします。


11 協力医療機関
   病気などの対応は、八尾総合病院 が車で20分以内の所にあります。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。