福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】群馬拠点(7月)

群馬拠点の活動(7月)について、下記のとおり報告致します。

(1) 避難者交流イベントの準備
8月23日(木)、24日(金)25日(土)に開催する避難者支援イベントについて、学生ボランティアと打ち合わせを行うなど、準備作業に取り組んでいます。

(2) 群馬県内避難者アンケートについて
 避難者アンケートについて、群馬県庁危機管理室の担当者、原子力損害賠償群馬弁護団の弁護士、NPO法人わたらせライフサービス代表に、それぞれヒアリングを行い、協力を依頼しました。
 アンケートを作成、印刷し、7月末までに、県内各市町村に避難者アンケートの送付を終えました。

(3)その他
7月7日(土)熊本県天草郡苓北町で行われた天草環境会議で、「福島原発事故の影響 ―避難者の状況―」について講演しました。福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクトの活動も紹介しました。


福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
群馬拠点代表 西村淑子
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。