福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】新潟拠点(7月)

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト新潟拠点の、平成24年度7月の活動報告をいたします。

(1)ニーズを聞き取り実施場所、家族数
・ふくしまママ茶会@南区 参加世帯16世帯

(2)イベント開催
第一回ふくしまママ茶会@南区(2012年7月11日)
・共催:南区避難者交流会クローバー(当事者団体)
・連携:南区見守り相談員、南区児童福祉課等、しろねチャイルドクラブ(保育)
・開催場所:白根学習館
・参加者:大人16名(うち福島避難者15名)、子ども7名
・開催手法:参加者が、不安・疑問等の話し合い。ファシリテーターと記録者1名ずつが輪に入り話し合いを促進させる。
・参加者傾向:小学生・幼稚園児をもつママの参加が増加したため、2011年度開催時より保育利用者が減っている。参加者の避難時期は様々、2012年度以後に避難した世帯有。
・配布物:新潟市救急ハンドブック、ユニ・チャーム(株)様提供大人マスクとこどもマスク(全員)・母乳パッド(希望者)、放射能情報・保養情報等

(3)情報収集
・新潟市避難者交流所ふりっぷはうす


(4)新潟チーム
代表 小池由佳(新潟県立大学准教授)
副代表 高橋若菜(宇都宮大学准教授)
事務局・会計 渡邉麻衣

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。