福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【お知らせ】引越しのサポートについて

当プロジェクトでは民間引越業者の協力のもと、福島原発事故の影響により福島から避難されている乳幼児または妊産婦の方がいらっしゃるご家庭向けに無償・特別割引での引越支援を行っています。まずは、ニーズ聞き取り調査に基づき、各種のニーズを明らかにした上で、引越のお手伝いをさせていただきます。聞き取り後、引越をご希望の方は下記必要事項の記入をお願い致します(※本支援活動は、民間引越し業者の協力のもとに実施しているため、ご要望に対応しかねる場合もございますので、あらかじめご了承ください)。

申し込みフォーム
【お名前】
【連絡先(携帯電話番号とメールアドレスの両方)】
【現在の居住地】
【引っ越し始点】(荷物を運び出す場所。複数ある場合は全ての住所を記載)
【引っ越し終着地点】※アパートに引っ越し予定の場合は階数もご記入ください。
【引っ越し希望日時】
【荷物の詳細】
*「種類」「個数」「大きさ」を含めなるべく詳しくお願い致します。

複数世帯合同引っ越しを希望の場合
【世帯数】
【各世帯主の名前】
これまでの実績
・案件1(佐川急便)
神奈川県内での単身者引っ越し(2tトラックを使用)⇒2万円程度
・案件2(アート引越しセンター)
① 神奈川県内の2世帯、合同引っ越し⇒無償
② 神奈川県内の1世帯、洗濯機1台のみの運搬⇒無償

アート引越センターの無償引越の条件
―避難所からの引っ越しであること
―2世帯以上の引っ越しであること
―複数世帯の引っ越し始点と終点が同じであること
―複数世帯が同じ日程で引っ越しができること
※それ以外については原則半額対応。ただし、条件によって異なる。

※それぞれのケースによって値段など対応が異なりますのでまずはご連絡ください。条件によってはご希望に添えない場合もございます。

【連絡先】
福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/
〒183-8534 府中市朝日町3-11-1 舩田クラーセン研究室
電話/ファックス:042-330-5260

引越しサポートチーム担当:
古橋 櫻子(東京外国語大学2年) hikkoshi266fukushima<@>gmail.com
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。