福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト、国際開発学会「原発震災から開発・発展を再考する」研究部会合同報告会

福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト、国際開発学会「原発震災から開発・発展を再考する」研究部会合同報告会の開催のご案内です。

今回の報告会では、栃木県北地域に注目し、市民による自発的な除染活動や、放射線の影響から子どもを守る取り組みを続けている市民団体の活動、当プロジェトが7月に実施した県北地域の乳幼児をもつ家族へのアンケート結果などを報告します。

どなたでもご参加いただけますので、みなさまのお越しをお待ちしております。


**************************************

栃木県北地域と「隠れた被災者」
 -市民による除染と子どもの安全のための活動を事例として

<プログラム>
13:00~ 第一部 栃木県北地域の現状報告
 「砦の住民活動と除染の実際 」
     報告者:大笹貴靖(「NPO法人 那須希望の砦」事務局長)
 
 「子どもを取り巻く放射能汚染問題と市民による防護活動」
     報告者:手塚真子(「那須塩原放射能から子どもを守る会」代表)、瀧アケミ(同副代表)

 「県北地域 震災を受けての乳幼児保護者アンケート」結果報告
     報告者:清水奈名子(宇都宮大学国際学部准教授)

15:45~ 第二部 コメントとパネル・ディスカッション:「隠れた被災者」への支援とその課題 
    パネリスト:大笹貴靖、手塚真子、清水奈名子
    コメンテーター:
       原口弥生(茨城大学准教授・FnnnP茨城拠点長・茨城大学有志の会メンバー)
       高橋基樹(神戸大学教授・国際開発学会理事/前副会長)
    司会:重田康博(宇都宮大学国際学部教授・FSP代表・国際開発学会研究部会代表)


主催:宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター
    福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト(FSP)
   国際開発学会「原発震災から開発・発展を再考する」研究部会
   一般社団法人 国立大学協会

<問合せ>
宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター内
福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 
TEL/FAX:028-649-5228
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。