福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】栃木拠点(9月)

2012年9月には、FnnnP栃木拠点、FSP、FnnnP Jr.共同で以下の活動を行いました。

(1)ニーズ聞き取り・状況把握
1)栃木県消防防災課からお預かりした避難者名簿をもとに訪問支援活動を開始して3ヶ月になりました。9月も引き続き行政書士等5名の訪問支援体制で各家庭をお伺いしました。なかなかお会いできない方については電話でお話を伺い、生活上での問題などを聞かせていただいています。必要な情報を提供し、各地で開催されている交流会等のご紹介もさせていただいています。

(2)ニーズ対応
1)引き続き、保養・避難情報、相談会情報、各地のイベント情報などを、必要と思われる方々へ個別提供しました。
2)継続的にお話をうかがうことが必要と思われる方には、訪問を継続しています。
 
(3)イベント
1)9月は主催または参加したイベントはありませんでした。
2)10月28日に開催予定の交流会(井頭公園での芋煮会)への参加呼びかけを随時行っています。
芋煮会では、看護師による健康相談会も併設予定です。

(4)広報
1)10月28日に栃木県真岡市にある井頭公園にて芋煮会を開催することになりました。
 チラシは1500枚印刷し、とちぎ暮らし応援会で1200世帯の避難者のみなさまに送付されます。申し込み締め切りは10月10日ですが、締め切り後も受付けていきます。

(5)ニーズに対応した関係団体との調整・情報収集
1)FSPの活動として、7月に栃木県北地域の幼稚園と保育園でご協力いただいた「震災を受けての乳幼児保護者アンケート調査」の集計が終わりました。アンケート集計結果を知りたいというご要望にお応えして9月20日に幼稚園の関係者と保護者を対象に集計結果を報告しました。それぞれの保護者がどう考えているかを知ることができた等、好評でした。
  また、このアンケート結果については10月13日に開催される報告会「栃木県北地域と「隠れた被災者」―市民による除染と子どもの安全のための活動を事例として―」にて報告されます。

2)8月にとちぎ暮らし応援会を通じて実施、回収した「必要としている支援についてのアンケート」と「子育てをしていらっしゃる方へのアンケート」の集計を続けています。集計に先立ち、アンケート用紙に氏名を記入され、かつアンケートの記述から今後の支援が必要な方について個別のニーズ対応を行う予定です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。