福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■手のひらに太陽の家プロジェクト(保養情報)

保養のお知らせです。平日が空いているということです。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。

============================

手のひらに太陽の家プロジェクト

11月、12月も利用をお待ちしております!

手のひらに太陽の家は宮城県北の登米市にある復興共生住宅です。
放射能の影響で子どもたちを外で遊ばせられないお母さん、お父さんが親子で利用しています。
1ヶ月近く長期利用されている方から、
週末だけ利用している方まで、利用の仕方は様々です。
11月、12月も平日、週末ともまだお部屋が空いております。(11月3連休以外)
ぜひご利用下さい。
また質問などありましたらお気軽にお電話下さい。
お待ちしております。

詳細です↓
場所:宮城県登米市登米町寺池辺室山17-1
利用料:1日1000円(1泊2日ですと2000円となります。)※未就学時無料
各個室にユニットバスとパネルヒーターがついております。
食事は利用者とスタッフが共同で作ります。
ホームページ:http://taiyounoie.org/

手のひらに太陽の家プロジェクト
tel : 0220-23-9755 fax : 0220-23-9756
住所:宮城県登米市登米町寺池辺室山17-1
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。