福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「原発事故子ども・被災者支援法」セミナー@茨城

「原発事故子ども・被災者支援法」セミナー @茨城

原発事故の影響から子どもを守るため、今年6月に成立した重要な法律ですが、知名度は今ひとつです。

「支援対象地域」や肝心の具体的な支援の中身は、市民の意見を踏まえ、政府・担当省庁が今後決定していくことになっています。

SAFLANより福田健治弁護士を講師にお招きして、新しい法律について分かりやすく説明していただきます。
本セミナーの開催により、茨城県内でもようやく「支援法」について議論が始まります。
茨城県内の市町村関係者からもセミナー参加の連絡が入っており、福島避難者にとっても、茨城県民にとっても重要な法律であることは間違いありません。

皆さまの御参加をお待ちしています。

■日程 : 2012年10月28日(日)
10:00 ~ 12:00 うつくしま time (対象 : 福島で被災された方・ご家族)
13:30 ~ 15:30 いばらき time (対象 : 茨城で被災された方・ご家族)
■場所 : 茨城大学水戸キャンパス 人文学部C棟205 (水戸市文京2-1-1)

【注意】会場が変更となりました。人文学部B棟入口からお入りください。
学内案内図 ⇒ http://www.ibaraki.ac.jp/generalinfo/campus/mito/

■講師 : 弁護士 福田健治氏 (福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)副代表)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。