福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】茨城拠点(10月)

2012年10月の茨城拠点の活動についてご報告します。

10月活動報告(茨城拠点)   
          
1.ニーズ聞き取り
・土浦在住の避難ママからの相談・対応  

2.ニーズ対応 
・法律相談1件(10/14「ママパパ・カフェin水戸」の開催時)
・甲状腺検査 受診医療機関の継続相談(いわき在住者)
・自助グループの助成金取得申請書作成のフォロー(10/29)
 (手続きなどを考慮した結果、提出はせず次回に持ち越し) 
 
3.イベント 
(1)「ママパパ・カフェin水戸」 
日時:2012年10月14日(日曜日)10時~15時 
場所: 茨城県水戸市 茨城大学地域総合研究所及び学内体育館

午前)親子体操教室『バランスボールを使った遊び』(協力 筑波大 古屋朝映子先生)           
午後)ママカフェ/パパカフェ(交流会)の開催、法律相談(1件)

キッズプログラム『キッズクッキング&フリマでお買いもの体験』(茨城大学学生FnnnP Jr.企画)
参加者: 避難ご家族5世帯23名(大人22名、子ども10名)
スタッフ 24名(スタッフ子ども4人) 

水戸市では今年度2回目のママパパ・カフェ(交流会)を開催しました。
参加5組のうち、3組は昨年度からのリピーター参加。申し込みはあったものの体調不良などで4組のキャンセルが出ましたが和気あいあいとした雰囲気の中行えました。
初の試みである学生による「キッズプログラム」は子供たちも楽しく参加できたようでした。交流会の中で心に残ったのは「避難者の子どもだから」と言われることが気になりつい厳しく叱ってしまう、との母の言葉でした。お子さんをのびのびさせたいけれども周りの目もすごく気になってしまい、結果的に子供にきつくあたってしまうのだとか。保護者自身も様々な悩みが出てきていると感じました。

・FnnnP茨城(茨城大学(教員1、学生・卒業生9人)、ホープいばらき(1名)) 
・協力団体/ボランティア
 法テラスいばらき(弁護士1名)、保育士(2名)、ふうあいねっと(3名)、茨城女子短大(学生2名)、筑波大学(1名)、共同通信犬飼様

(2)「知ろう!学ぼう!活用しよう!『原発事故子ども・被災者支援法』セミナー」
日時:2012年10月28日(日曜日)10時~15時30分 
場所: 茨城県水戸市 茨城大学人文学部C棟205教室

午前)福島避難者対象
午後)茨城県民対象

講師:SAFLAN副代表 福田健治弁護士
参加者:
 午前)避難ご家族10組(26人)含めて全58人
 午後)北茨城市から遠く千葉県からの参加者もあり全80人
   (国会議員2名、市町村議員2名、3市町村4名を含む)

茨城県では初となる「原発事故子ども被災者支援法」のセミナー開催でした。
福島より避難された方々は福田弁護士の話に熱心にメモを取る姿が見られ、後半のワークショップでは各グループに要望や意見をそれぞれ切々と話していらっしゃいました。

【主催】FnnnP茨城(茨城大学(教員5名、学生12名)、茨城キリスト教大学(教員1名)ホープいばらき(1名))、茨城大学有志の会、茨城の子どもたちを放射能汚染から守る会 

【協力団体/ボランティア】 
茨城大学地域総合研究所、法テラスいばらき(弁護士1名)、保育士(3名)、ふうあいねっと(3名)

4.広報 
(1)「10/28支援法セミナー」開催関連記事『読売新聞』(10/29)『毎日新聞』(10/30)『朝日新聞』(10/30)『茨城新聞』(10/31)

(2)「母 避難後を生きる 上・中・下」連載『読売新聞』2012.10.30~11.1 
⇒2012年9月に行った「マスコミ座談会」がきっかけとなった連載企画

5.ニーズに対応した関係団体との調整・情報収集 
(1)FnnnP首都圏開催「とうきょうワクワクえんそく」に参加のため、当事者(ふくしまキッズ・カフェメンバー)2組と青山・子どもの城劇場、東京ウィメンズプラザに同行・情報収集(10/13)

(2)「必要な支援」アンケート結果の活用についての打ち合わせ@宇都宮大学(10/30)

6.運営基盤
(1)茨城拠点会議、支援法セミナー打合せ@水戸・茨城大学(10/24)  

7.他団体との連携・協力 
(1)わくわくプロジェクト土浦交流会への参加(10/20)
(2)読売新聞当事者記事取材@水戸・茨城大学、土浦読売新聞支局(10/12)

■協力・連携した団体や機関 
茨城大学地域総合研究所、茨城キリスト教大学看護学部、茨城NPOセンター・コモンズ ホープいばらき、筑波大学、茨城県内の避難者・支援者ネットワーク「ふうあいねっと」、茨城県災害対策本部福島支援班、わくわくプロジェクト土浦、被災者ママの会

以上(原口)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。