福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■お知らせ:住宅マッチングサポートチームから

住宅マッチングサポート活動 避難者と住宅提供者をつなぎます

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクトの「住宅マッチングサポートチーム」です。
私たちは、自治体や民間の住宅提供者と、長期の避難先をお探しの福島からの妊産婦・
乳幼児を含む避難者のご家族をおつなぎしています。
*原則として、まずは避難所等で提供される住宅提供サービスの利用を試していただ
き、うまくいかない場合にご連絡いただいております。

【対象】
福島県から避難中(避難希望)の乳幼児や妊産婦を含む家族。
*政府指定の避難地域以外の地域のご家族にも対応します。

【手順】
(1)住宅提供者や地方自治体の情報をお教えします。
(2)それぞれのご家庭の希望や事情に合わせたマッチングもします。
(3)提供者、団体、地方自治体とは、各自で直接連絡をとっていただくのが原則
   ですが、お子さんが小さい、情報交換のためのツール(インター ネット)など
   のアクセスが悪いなどでなかなか手続きが進まないなどの理由がある場合、
   連絡調整のお手伝いもします。

ご連絡いただく際は、下記についてお教えください。
①り災証明書の有無
②入居希望者の家族構成(年齢・性別)
③入居希望期間(いつ~いつ)
④予算(あるとスムーズに見つかることが多いです)
⑤希望地域(なるべく広い範囲でお願いします)
⑥上のお子様たちの学校区の配慮が必要であれば、学校名もあわせてお願いします。

なお、当プロジェクトでは、家財道具や引っ越し、保育のサポートなども行っています。
詳しくは、本ブログの各該当カテゴリーをご覧ください。

住宅マッチングサポートチーム(鈴木・田村・柴田・森)
住宅マッチチラシ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。