福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■ママ活ミーティング@東京ウィメンズプラザのご報告

■日時:2013年2月23日(土)10:00~15:00
■場所:東京ウィメンズプラザ&子どもの城
■対象:ママ・スタートアップ助成採択団体のみなさま

<ご報告>
参加:4団体 6名 子ども 4名
講師: NPO事業サポートセンター 山根真知子理事
スタッフ:学生ボランティア3名、保育士3名、拠点スタッフ2名
ご協力:ル・アンジェ株式会社(保育士紹介)

「ママ活!」と題し、ママ・アスタートアップ助成に採択された団体の皆様と初のミーティングを開催しました。
首都圏だけでなく、群馬県、茨城県からも参加され、それぞれの活動状況やこれからのことお悩みなどなど、情報・意見交換の場となりました。

講師の山根先生よりは、団体活動の基本から、仲間集め、場所探し、資金調達、助成金申請のポイント、イベント開催テクニックなど、今まさに必要な情報をいただき、みなさん熱心に耳を傾け、質疑されました。
これからの団体運営に、役立つレクチャーをありがとうございました。

横のつながりが深まり、様々な連携の可能性へと広がりました。「何か」ができるかもしれない。。そんなひと言が、人を結び、心を結ぶ活動に繋がっていることを実感したイベントでした。

今回も、子どもたちは、学生ボランティアと保育士さんとともに、子どもの城にて遊び、安全に過ごすことができました。ご協力ありがとうございました。

次回「ママ活ミーティング」は、2013年5月18日(土)を予定しています。

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト
 首都圏コーディネーター 堀ひとみ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。