福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】事務局(1月)

活動報告・事務局(1月)

【事務局】
当月は2月3日開催の福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト 合同報告会・討論会の準備に力点をおきました。

(1)福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト 合同報告会・討論会の準備
プレスリリース・広報資料・対外向け文書作成、および、当日の運営ロジ準備のサポートに全力を尽くしました。

(2)「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」の支援。
1月17日(木)衆議院議員会館、1月18日(金)参議院議員会館を市民会議メンバー60名で一斉にまわり、支援法についての概略をまとめたものと22日(火)の院内集会のご案内を配布しました。基本的には秘書さんとの会話になりましたが、協力的な議員さんや関心を持っている議員の皆さんもみえてきて、なかなか有意義な時間でした。こういった個別の議員情報の積み重ねを一元管理させていくことで共有できる仕組みを作ることになりました。

(3)広報活動 (インターン田中)
団体ブログ、Twitter「福島県乳幼児・妊産婦ニーズ対応PJ」、Facebook「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」のページを随時更新いたしました。
2月3日開催の「福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト 合同報告会・討論会」の告知を団体ブログ、Twitter、Facebookなどにて積極的に行いました。

(4) 福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト・福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト 合同報告会・討論会の準備

■インターン田中
 印刷物の手配を行いました。具体的には栃木・茨城・新潟・首都圏の各拠点活動報告、事務局活動報告、その他資料、メディア向け「取材・記事化に関する注意事項」、ニューズレター「FnnnP通信第3号」、及び式次第の印刷手配をしました。
 名簿管理を行いました。一般事前予約者の申し込みをメール、及びファックスにて受け付けました。これに伴い、予約者・関係者・当事者名簿を準備しました。
 開催直前ミーティングでは事務局/首都圏のスタッフの方々、インターン、学生ボランティアで、報告会・討論会当日の進行と役割分担を確認しました。
 このような大きなイベントに関わるのは初めてだったので、限られた時間の中で、自分の役割や全体の流れを把握するのに苦労しました。しかしスタッフの皆様や先輩方、ボランティアの方々の支えのおかげで、作業を進めることができました。

■インターン古橋
個人寄付者・報道各社へ報告会プレスリリースを発送しました。当日は会計業務に専従しました。

(5)情報発信(ブログ全7件)
保養情報1件の発信、活動・会計報告、イベント告知等

(6)事務局・首都圏インターンの着任
インターンの募集を行い、応募者の面接・選考を行いました。
1月より、もう1人新インターンが就任しました。

(7)その他
月次報告(活動報告および会計報告)
ご寄付、お問合せ対応

代表 舩田
事務局コーディネーター 黒川、 
インターン 田中(綾音)、古橋(1月より就任)
住宅マッチ担当 森下、アドボカシ―担当 中山

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。