福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP) 2013年度 各拠点活動予定

FnnnP各拠点 2013年度の活動予定

福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト  賛同者・寄付者・協力者の皆さまへ

日頃は福島乳幼児 妊産婦ニーズ対応プロジェクト(FnnnP) にご協力くださり、ありがとうございます。
2012年11月29日に当会HPにて皆様へお知らせいたしました通り、当初2012年度一杯で活動を終了する予定であったFnnnPは、多くの当事者や支援者の皆さま方の励ましの声をいただき、2013年度も活動を継続することとなりました。
(詳細はこちらをご覧ください→http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-467.html)

つきましては、各拠点の2013年度の活動予定・連絡先(事務局・5拠点)について下記にお知らせいたします。

なお、外部助成を受けることによって負担となってきた事務局業務を簡素化するために、今年度は外部助成には応募せず、皆さま方の尊い寄付金のみで事務局本体は活動を継続していくことになりました。引き続きのご理解とご協力、何卒よろしくお願いいたします。

2013年4月1日
代表 舩田クラーセンさやか
副代表 阪本公美子

****************

■事務局 
・2013年度も継続して福島から避難中の当事者の皆さんの団体の運営・活動のサポートを行います。
・首都圏の「ママ活ミーティング」等の活動フォロー
・「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」/アドボカシ―や政策提言等の活動
・福島内外の当事者の皆さんの声を社会に発信する活動
・2013年9月、2014年2~3月 第7回、第8回拠点長会議開催予定しています。
・団体としての活動・会計報告、ブログ等の管理

・FnnnPのホームページへアップしている各拠点の活動報告、および会計報告は、
2013年度は4半期に1度とし、2013年6月、9月、12月、2014年3月 にUPいたします。

****************

■首都圏 
・ママたちの活動をサポートする「ママ活ミーティング②」を、5月または6月に開催します(調整中)。その後9月、11月も計画しています。
・その他、福島県からの移住・引越、保養に関わる相談を引き続きお受けていします。
・家財サポートは、プロセスが煩雑でマッチングが難しいため終了いたします。

首都圏コーディネーター 堀ひとみ (移住・引越、保養に関わる相談窓口)
℡ 090-3923-8583
メールfukushima.syutoken <@> gmail.com (<>を取って送信ください)

****************

■栃木拠点 
・2011年6月より、合計8回開催してきたFnnnP Jr.企画の交流会、2012年4月より、50世帯訪問してきたFnnnP栃木拠点の訪問支援は、2012年度をもって終了します。
・引き続き、小さなお子様と避難していらっしゃるご家族による問い合わせは受け付けし、情報提供、専門家や支援団体へのつなぎなど、問題解決の糸口となるご協力は、続けます。
・これまでの支援経験や相談内容、FSPのアンケート結果などを踏まえ、小さなお子さまと避難中のみなさまのご要望を政策に生かせるよう、FnnnPや当事者の方のアドボカシーに協力していきます。

拠点長 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター准教授 阪本公美子
多文化公共圏センター内 ℡028-649-5228
℡ 090-1712-6477(担当:匂坂)
メール(FSP) fukushimachildren<@>gmail.com  (<>を取って送信ください)

****************

■新潟拠点 
・小池・高橋の「共同代表」の体制で1年間活動を行います。
・ 活動方針について
1)新潟での支援者間の研究会構築
  (1)新潟県での変遷する避難者ニーズの把握
  (2)連携を通じたニーズ対応の模索
  (3)ボトムアップ型アドボカシーの模索
2)当事者団体へのサポート継続

拠点共同代表 新潟県立大学准教授 小池由佳 /宇都宮大学国際学部准教授 高橋若菜
℡ 090-1712-6404 (小池)
メール fukushimamothers<@>gmail.com (<>を取って送信ください)

****************

■茨城拠点
・原口(拠点長・事務局)、石川(コーディネータ)の体制で1年間活動を行います。
・震災から3年目というタイミングを意識しつつ、さまざまな「選択」をサポートする活動を行います。

(1)年間を通しての活動内容
   1)定期的・日常的な当事者グループ&支援グループとの情報共有
   2)当事者グループへのサポート継続
   3)茨城県内における避難者のニーズ把握
(2)具体的なイベント企画
   1)自分と向き合い、それぞれの自立を進めるために「コミュニティ・カウンセリング」等を
     企画。
   2)来年度前半に、「命と向き合う、地域と向き合う」をテーマとしたワークショップを企画。
   3)「避難者の権利回復」について必要な企画があれば、随時・緊急開催(支援法、賠償関
     係など)。

拠点長 茨城大学人文学部准教授 原口弥生
℡ 090-3924-0171 
メール ibaraki.fukushima<@>gmail.com  (<>を取って送信ください)

****************

■群馬拠点 
・避難者交流会の開催(各種季節の行事、農作業)
http://www.jomo-news.co.jp/ns/2013640530314742/news.html
この春から、「つどいの会」(当事者団体)と一緒に畑をやります。

・避難者の自立支援(イベントでの浪江焼そば、手芸品等の販売)
・地域の支援団体と協力して、避難者調査、避難者世帯の個別訪問の実施

拠点長 群馬大学社会情報学部准教授 西村淑子
℡ 090-3923-5117 
メール gunma.fukushimachildren<@>gmail.com  (<>を取って送信ください)

****************
以上につきまして、ご意見・ご質問は下記までお願いいたします。

黒川 亜矢子 (事務局コーディネーター)
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学 舩田クラーセン研究室内
℡ 090-1710-2067
メール fukushimaneeds.hqs<@>gmail.com (<>を取ってご送信ください)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。