福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】事務局(4月)

当月は2012年度後期の団体活動報告、および収支報告の作成に力点を置きました。

(1)2012年度後期 活動報告・収支報告の作成
第8次赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」助成事業、および三菱商事復興支援財団2012年度後期の活動報告書・収支報告書を作成しました。

(2)2013年度各拠点活動予定の告知
2012年度一杯で活動を終了する予定でしたが、多くの当事者や支援者の皆さま方に励ましの声をいただき、2013年度も活動を継続することとなりました。

今年度の各拠点活動予定を下記に掲載・告知します。
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-date-201304.html

(3)復興庁本庁・水野参事官へ「原発事故子ども・被災者支援法」基本方針に関する再要望書を提出
2013年3月15日に復興庁より「原子力災害による被災者支援施策パッケージ」が発表されました。
このパッケージが内容的に避難者の現実に沿ったものになっていない点が多いため、4月4日当会より再要望書を提出しました。

実施者:
FSP代表・宇都宮大学教授 重田康博、FSPメンバー・宇都宮大学准教授 清水奈名子、FnnnP群馬拠点長・群馬大学准教授 西村淑子、栃木県への避難者、群馬住民代表者とお子さん2名

当日同行、及び記事掲載メディア:
下野新聞(2013年4月5日付朝刊4面)、東京新聞(2013年4月5日付朝刊2面)、朝日新聞(2013年4月5日付朝刊7面), IWJ, Our planet TV, ダイヤモンドオンライン

(4)「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」の支援 (アドボカシ―担当 中山)
5月11日に福島大学で行われる福島フォーラムへのメディア招致と、今後の市民会議定例会の持ち方や活動の方向性に関するミーティングをメインに活動しました。

(5)広報活動 (インターン田中)
団体ブログと、Twitter「福島県乳幼児・妊産婦ニーズ対応PJ」、Facebook「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」を随時更新しました。
また、ニューズレター第4号「平成23・24年度収支報告書掲載版」を現在作成中です。

(6) 引っ越しサポート・ご寄附対応 (インターン古橋)
引っ越し3件(東京から岡山、東京と福島から北海道、山形から北海道)の対応を行いました。
ご寄附を頂いた5名の方に対して、お礼状・お礼メールを作成し送りました。

(7)情報発信(ブログ全 9 件)
当事者からの声、政策提言活動報告の発信、各拠点活動・会計報告、イベント告知等

(8)その他
月次報告(活動報告および会計報告)
ご寄付、お問合せ対応

代表 舩田
事務局コーディネーター 黒川、 
インターン 田中(綾音)、古橋
アドボカシ―担当 中山

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。