福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■ママの声 第13弾

FnnnPお手紙プロジェクト(専用ブログ:http://tegamifukushima.blog.fc2.com/)より。

NHK・Eテレで6月24、25日に放送された『ハートネットTV「原発被災者からの手紙」』でお寄せいただいたママ声です。



福島ママから
・自分ひとりの胸の中に納めていることが苦しすぎたので、このような機会はうれしい。
・誰にも言えなかったことを初めて書きました。聞いて貰えただけですっきりしました。ありがとう。
・心に響く番組でした。何度も涙しました。
・母親目線の声が届けられてよかった。
・脱原発が目立ち、当事者が置いていかれている感があったので、ママたちの声が放送されて良かった。
・福島のママにお手紙プロジェクトを紹介したら、「吐き出してよいのですね!」と言われました。
・これまで関心を持たなかった層に知ってもらえる機会となったと思います。

その他のママから
・こんな苦しんでいる人がいることを、知らなかった。知らなかったでは、すまされない。
・もっと多くの人に、この事実を伝えたい。伝えなければいけないと感じました。
・未だこのように複雑な問題があるということを知らなかった。協力できることをしたいと思います。
・多くのママたちが抱いている不安こそが真の被害だと思いました。
・個人の問題としてかたづけてはいけない、全ての母親が自分の問題と捉えなければいけないと思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。