福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■福島自主避難者OK:山形県「借り上げ住宅制度」について

山形県が避難者向け借り上げ住宅制度を実施しています。福島からの自主避難家庭も
申し込みが可能となりました!情報を以下に記載いたしますので、是非ご活用ください。
===================================================================
<山形県避難者向け借り上げ住宅制度>
山形県では、避難者向け借り上げ住宅制度を、自主避難者にも拡大し、7月29日
(金)まで受け付けています。
【制度に関するお問い合わせ】
山形県庁県土整備部建築住宅課 住宅宅地担当 028-630-2640 2646
(以上チラシより抜粋)
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/kariage-jyutaku/chirashi2.pdf
====================================
山形県避難者向け借上げ住宅制度について

山形県では、東日本大震災等により避難されている方への居住支援として、避難
者向け借上げ住宅の提供を行っています。
第1回の募集を、平成23年4月20日から5月20日まで行った結果、約350件の申
込みをいただきました。
第1回の申込み状況を踏まえ、現在、第2回目の募集(二次募集)を行っています。
お知らせのチラシはこちらhttp://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/kariage-jyutaku/chirashi2.pdf

この度、借上げ住宅に入居できる対象者の要件を拡大し、福島県からの自主避難
世帯も対象とすることになりましたのでお知らせします。
また、併せて、募集期間の延長も行いますのでお知らせいたします。
(平成23年6月15日更新)
------------------------------------------------------------------------
山形県避難者向け借上げ住宅入居申込みに関する注意点について

 県内の借上げ住宅については、福島県からの自主避難者も入居対象としたこと
により、非常に多くの避難者から入居申込みが寄せられており、地域によっては
借上げ住宅の提供が出来にくい状況が発生しております。そのため、入居申込み
に際しては下記の点を十分に踏まえたうえでお願いします。

1.本県の借上げ住宅は、災害救助法に基づく応急仮設住宅として提供しており
ますので、一度入居されますと、他の借上げ住宅や応急仮設住宅への転居は、世
帯分離した場合も含めて一切認められません。
(但し避難元で提供される応急仮設住宅へのいわゆる「戻り入居」は、避難
元の自治体が認めれば可能となる場合があります。)
今後の就学、就業など生活の仕方を十分に検討のうえ申込み願います。

2.応急仮設住宅の性質上、入居期間中(原則1年間)常時継続的な生活を営む
方のみが対象となります。すなわち、週末のみの利用、夏期休暇期間中のみの利用、
別荘的な利用等での入居申込みはお断りいたします。

3.地域によっては、提供可能な民間賃貸住宅が非常に少なくなっておりますの
で、真に住宅の確保が必要な避難者に借上げ住宅の供与が なされるよう、避難
予定が未定の方やとりあえず移転先を確保するための入居申込み等はご遠慮願いま
す。また、入居申込み後のキャンセルは、担当の不動産業者や家主等に迷惑をかけ
ることになり、トラブルの原因にもなりますので、くれぐれも安易な申込みをしな
いようにお願いします。なお、入居許可証が交付された後キャンセルされた方につ
いては、本県の別の借上げ住宅への入居申込みをお受け出来ない場合がありますの
で、十分ご注意願います。
=====================================
以上、山形県庁ホームページより転記
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/kariage-jyutaku.html
山形県避難者住宅チラシ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。