福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■日本YWCA com7300委員会「セカンドハウス」のご案内

公益財団法人日本YWCA com7300委員会が主催している、「セカンドハウス」のご紹介です。お申込み・お問い合わせは直接下記までお願いします。


福島および近隣県のみなさまへ
セカンドハウスをご利用ください


県外で、家族だけのゆっくりした時間を過ごしたい…
次のステップのためにいろいろ考えたい…
子どもたちを屋外で思い切り遊ばせたい…

YWCAは今年もセカンドハウスをご用意しています。
今年は学校等の長期休暇以外の期間にもご利用いただけるようになりました。
ご家族でのゆったりステイ、知らない地域の情報収集などなどあなたのもうひとつの家だと思って、お気軽にご利用ください

《利用希望者説明会》
▼日時:2014年2月11日(火)9:00〜16:00
 *駐車場はございますが到着順です。ご心配な方は福島駅等近隣スーパーの駐車場などをご利用ください
▼会場:
 YWCA活動スペース「カーロふくしま」
 福島市矢剣町29-3
 Tel:080-8905-4978(当日)
▼お申し込み:
 下記、日本YWCA佐々木宛、お電話またはメールでお申し込みください。ただし、予約がなくとも参加可能です。
 メール:sasaki@ywca.or.jp
*説明会当日にセカンドハウスの申し込みはできません。

主催:公益財団法人日本YWCA com7300委員会(担当:佐々木)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11
TEL:03-3292-6121 FAX:03-3292-6122

日本YWCA セカンドハウス 概要
●ご利用いただける方
 ・放射能被災地域に在住の18才以下のお子さまとその家族
 ・女性の単身者(40才以下)
●期間と利用日数
 ・期間:2014年4月1日~
 ・利用日数:3泊4日以上1ヶ月未満(児童の長期休暇期間に関しては2週間以内)
●セカンドハウス所在地
 横浜ハウス(横浜市青葉区)〜サポート 横浜YWCA
 名古屋ハウス(愛知県春日井市)〜サポート 名古屋YWCA
 神戸ハウス(兵庫県明石市)〜サポート 神戸YWCA
●利用にあたってのいろいろ
 ①利用料は、利用期間に関わらず、1家族3,000円です。
 ②部屋代、水道光熱費は無料です。ただし、滞在中の食費はご負担ください。
 ③交通費に関しては、ご自宅とセカンドハウスの一往復分交通費の一部(横浜の場合は半額、名古屋と神戸の場合は70%)の補助をします。(2014年度より規程変更)
 ④交通費助成は年に2回まで受けられます。ただし児童の長期休暇の助成利用は、年に1回のみです(例.夏休みと春休みの助成は受けられません)
 ④ご利用住宅によって備品に多少違いがあります。備品の有無に関しては事前にご確認ください。

セカンドハウス利用の申込先
公益財団法人 神戸YWCA(担当:西本)
TEL:078-231-6201 FAX:078-231-6692
メール:office@kobe.ywca.or.jp

↓チラシ
日本YWCA com7300委員会「セカンドハウス」1 日本YWCA com7300委員会「セカンドハウス」2


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。