福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】事務局2013年11月~2014年1月

活動報告・事務局(2013.11月~2014.01月)

【事務局】

(1)第7回拠点長会議の実施
2013年12月7日土曜日、東京外国語大学本郷サテライト3F4Fにて、当団体最後の拠点長会議を行いました。
これまで活動に関わり、学生ボランテイア達をひっぱってきてくれた、現大学4年生の元学生ボラの参加もあり、団体の包括として暖かい雰囲気に包まれた会となりました。

参加者総勢18名(FnnnP15名、二バルレキレ2名、スカイプ参加1名)

当日の議題は、お手紙プロジェクト、2013年4月からの活動報告、会計報告、クロージングについてでした。

(2)活動引き継ぎ団体
当会解散後に活動を引き継いでくれる団体の紹介が、第7回拠点長会議にて行われました。
引き継ぎ団体は「NGO二バルレキレ事務局(代表:小山えり子)」と「つながろう!放射能から避難したママネット(代表:増子理香)」から派生した「NPOココロとカラダを育てるハッピープロジェクト(同代表)」の2団体です。

二バルレキレさんは首都圏の活動「とうきょうワクワクえんそく」において、避難当事者のカウンセリングを毎回担当していただき、現在も個別にフォローアップなど細やかなケアを継続しています。

「つながろう!放射能から避難したママネット」はママスタートアップ助成に採択された首都圏で活動している避難当事者の団体です。この団体から発展し2014年1月からNPO活動を展開している「ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト(同代表)」では、首都圏コーディネーターの堀さんが事務局を担当しています。

(3)広報活動 (インターン田中:任期2013年4月1日~2014年3月31日 )
FnnnPブログ、Twitter「福島県乳幼児・妊産婦ニーズ対応PJ」、Facebook「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト/福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト」、そしてFnnnPお手紙プロジェクトブログ(http://tegamifukushima.blog.fc2.com/)を随時更新いたしました。
また、12月7日に開催された拠点長会議に出席し、東京外国語大学でのお手紙プロジェクト展示紹介の報告をいたしました。詳しくはお手紙プロジェクトのブログをご覧ください→http://tegamifukushima.blog.fc2.com/ 1月からはFnnnP通信第5号を作成しています。

(4)引っ越しサポート・ご寄附対応 (インターン鈴木:任期2013年8月1日~2013年12月31日)
引っ越しサポートは0件。
11月は2件ご寄附を頂き、対応しました。
また、11月に寄付受付終了のお知らせをしたため、12月、1月の寄付対応は0件でした。

(5)情報発信(ブログ2013.11月全5件 / 12月全2件 / 2014. 1月3件)
政策提言活動報告の発信、各拠点活動・会計報告、イベント告知等

(6)その他
月次報告(活動報告および会計報告)
ご寄付、お問合せ対応

代表 舩田
事務局コーディネーター 黒川、 
インターン 田中綾音、鈴木香織里
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。