福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■「ふくしまキッズカフェ」(在茨城県)活動報告

「ふくしまキッズカフェ」(在茨城県)活動報告

代表 四井康子

■助成対象期間:2012年10月~2013年4月10日
■助成申請金額:100,000円
助成金額:100,000円

■活動目的・概要
 土浦市に住む福島県からの避難者を対象とし、
・避難者同士の交流・情報交換
・避難元・避難先との結びつき
・健康不安の軽減のおための活動
・特に子どものストレスの軽減、子ども同士の交流

■活動の具体的な目的・内容
それぞれの境遇を理解し合うことにより、問題を解決する方向へ進める。
例えば、行政手続きの情報、賠償内容、検査要請、母子での生活について、住民票・・・

■活動目的の達成・実際に行った活動内容についての自己評価
バランスボールでは、身体を動かし、また支え合い、協力しながら楽しんだ。子どもにつられて、お母さん、お父さん、おばあちゃんも楽しく笑顔になっていた。有意義な時間でした。
『ありがとうの花』制作では、一定の方向を保ちながら、個々の二年の振り返りをいたしました。その際に、感謝に至るまでのエピソードを語り、振り返りの機会となりました。子供たちも、自主的に作業をし、良かったと思う。
*子供同士のつながり・避難先地域への順応・個々の問題を相談し合える絆づくりが成功したと実感している。

■活動の改善点・改善策
 今期は、土浦市への働きかけと支援法に注力したが、忙しすぎて、メンバーの子どもに体調不良を起こさせる事態があった。
来期は、子育て・就労のバランスがとれるようにしたい。
資金について、皆で手仕事をしながら調達したいと考えたが、個々の状態により足並みがそろわず、個人にまかせるようにした。

■FnnnPママ・スタートアップ助成を受ける前後で何が変わったか
避難者の扱われ方が良くなった。
支援を受けられるようになった。
情報を集めやすくなった。

■今後行いたい活動
 遠足・保養

■今後の団体の展望
足元からの活動として土浦市の避難者同士の情報交換。
・土浦市役所との連携(ママの行政手続きの情報収集・共有)
全家族が笑顔で歩んでいかれれば、その時点で解散します。
*茶話会のお茶・お菓子はセカンド・ハーベストより提供いただきます。
*会場は無料の公民館・Co-opを基本的に使用します。

■課題
会計が解りませんでした。予算だてが難しいと感じました。また、実際に領収書のふりわけができず、提出が遅れた。
良かったことは、情報量の増加や、同じ想いの人に出会ったことです。その分仕事と、子ども、キッズ・カフェに疲れた感じはありました。そのことを踏まえ、事務サポートがないと私には力不足と感じました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。