福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■鴨川大山支援村(千葉県)で8月末まで受け入れ可能です

本プロジェクトの連携先である、千葉県鴨川大山支援村では、
夏休みの子どもさん、母子の受け入れが、まだ若干名可能とのことです(8月末まで)。
近くに鴨川シーワールドや海水浴場もあります。
まだ夏休みのお子さんの保養先が見つかっていない方、下記まで連絡を取ってみてください。

6月に「鴨川ほっこりツアー」に参加した福島のお母さんのレポートもぜひご一読ください。

鴨川大山支援村

所在地 〒296-0233 千葉県鴨川市金束2

Tel TEL: 04-7098-1425 (午前9時~12時、午後13時~17時)

•電車:JR内房線保田駅からタクシーで約20分、JR外房線安房鴨川駅からタクシー・バスで約20分~30分(金束バス停)
•バス:鴨川駅から日東バス、一時間に約一便。
•車:館山自動車道から鋸南保田で降りて、長狭街道を東に約20分。東京から高速バスあり。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。